♪シアワセの種@まひろ♪の別館ネタばれニッキです
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2012.06.21 Thursday / - / -

AAAA2008@国立競技場 9月6日 覚書

…*☆。Happy 9th Anniversary☆*゜‥

9年前の今頃5人は、わけわかんないままハワイのホテルで
「嵐の“あ”は〜」とか
「日本中に嵐を巻き起こしたいです!」とか
ジャニさんに何度も練習させられてたんだろなぁ・・・・。


あれから9年。
回り道しながら、ちょくちょく転びながら、でもいつでも5人が同じ方向を見ながら。
9年経って、嵐は国立競技場に立ってて。
10年目の嵐へのスタートを切る、その場に居合わせることができたことに、感謝。



そんな、国立競技場の断片的な記憶の覚書。



  *・゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


今回、一緒に入ったのは、にのファンのきょんさんと、潤ちゃんファンの会社の先輩N村さん。
2人とも5日にも入ってたんでね、入場もスムースなんだけど、
私、初めてだったから。
ゲートを抜けて視界が開けた瞬間、ぶわーっと広がるスタンドいっぱいの、粟粒みたいな人・人・人・・・にね、
もう、胸がいっぱいになっちゃって、足が思うように進まなくて。
洋画のCGでしか見たことないくらい、アリーナにもスタンドにも人がいっぱいで、
それがみんな、嵐のこと心待ちにしてざわめいてるんだもん。


母名義の復活当選分がアリーナB9ブロックで、わりといいんじゃない?って話してたんだけど、
席について呆然。「わりと」なんてレベルじゃなかった。
メインステ端っこ前の、最前列。
母、すげー! ってか、すごすぎて申し訳ない気持ちになる。 でも、素直に嬉しい。


水柱が吹き上がって、スタート。
「PZみたい。。。。」とほぇ〜っと眺めてたら「真ん中だよ!」と教えられる。
蛍光色のアクセントがついた衣装の5人が、ウエディングケーキみたいなセンターステに登場。
『Love so〜』でスタートって、いいよね。
野外のまだ明るい会場に、ふわっと幸せが広がってく感じ。
・・・・泣いた、スタンド見て。
あっちの端っこからこっちのてっぺんまで、一人残らず楽しくてたまんない!って感じ。
N村さんに泣いてるの見つかって「もう、泣かないでよぅ」なんて、2人して泣き笑いして。


『とるめんた』で、雅紀のマイクトラブル。
智さんの紹介は♪この仕事してなきゃプー太郎♪って本人の声だけ^^ヾ


『ハダシ〜』
出たときには地味だって思ったけど定番になったねぇ。(いつも言ってるな、私、これ)
7万人が一緒に振り付けしてるの、圧巻。
お祭りだーー!って感じ。



ここらへんから、モニターもあんま見てないの。
どんなに遠くでも、自分の目で、この会場の風景まるごと観ていたくて。
この、国立競技場でのライブの雰囲気をまるっと覚えていたくて。
5人が観ていた景色を、私も記憶したくて。
もちろん、幸せなことに、目の前で歌ってくれたりもしたんだけど(智さん以外はね/爆)
記憶の中には、すんごい遠くのムービングの背中、とか
ちんまりクレーンで揺れながら手を振ってる姿、とかがけっこう多かったりするんだよね。
アップのお顔は・・・・いつか、DVDで見れるときが来るよね?ね?



『アオゾラ〜』
大好き。丁寧に歌う翔くんの声が会場に響いて、みんなが指でスーッと描く振り付けをしてて。


『はろぐっばい』雅紀ソロ
暮れかかった最後の陽射しと、ちょっとキュッとくる幸福感。
この時間帯で、あの笑顔、マッチしすぎ。
でも、あの振り付け、難しいんだよなーー今回もできなかったよぅ;;;



『素晴らしき世界』『とまどい〜』『still・・・』
なんでこんなに聴きたかった曲ばっかやってくれんの?
泣いちゃうじゃんかーーー!
どんどん暮れおちて、空気の色が濃く深くなっていって。
順番が前後するけど『イチオク〜』や『明日に向かって吠えろ』『風』とかもね、
今回は、大好きで聴きたかった曲がいっぱい聴けて、とっても幸せだったなぁ。



『Take me〜』智ソロ
ドームで観たときにはね、夜露にしっとり濡れたクチナシの花みたいって思った智ソロ。
色香が滴って、壮絶に綺麗だって思ったの。
でも、今回はね、強い力を感じたの。
あの広い国立の空気を、一瞬にして変えてしまう求心力。圧巻だった。


『虹』にのソロ
・・・ズルイ。
目の前でピアノ弾いてる背中はちっちゃくて、
端っこの鍵盤弾くときなんて、身体傾けないと届かないのに。
なんだか、庇護欲をかきたてられるような、ちょこんと可愛い背中なのに。
モニターに映る顔は、やけに色っぽいんだもん。
なんなの、あれ。あのただならぬ色気はズルイと思うの。


<オグさんの東京オリンピック講座(違)と5人のコメントV>
けっこう長いから、休憩タイムかしらん、なんて思った自分がバカだったわー。
あの5人が、そんなことするわけないの、良く知ってたくせにね。
巨大モニターが、巨体すぎて、横に3段くらいパネルがつなげてあってね、
下1/3部分の発色が、上2/3よりもちょっと青みがかってたの。
だから、翔くんがアップでコメントしてるときにね、鼻から下の部分がやや青っぽくて、
それがなんか髭剃りあとっぽくて、ちょびっと笑えた(ごめん)


『Re(mark)able』
・・・って、そんなふざけたことを思ってたら、ガツン!とやられたよーーー( ̄□ ̄;)!!
聖火台の、さらにその上に、そびえ立つ5人が!
もう、もう、むちゃくちゃカッコイイーーー!!
米粒よりちっちゃいんだけどね、でも、シルエットだけでどれが誰だかわかる。
世界も、もう、5人にひれ伏すイキオイだよ、カッコよすぎるよーーー (T∀T)
こんな演出考えちゃう嵐って、すごい。
強風の中、あんなてっぺんで堂々とパフォーマンスするプロ意識、さすが。


ふだんはあんなにほわほわちんまりキャッキャしてるのにね、嵐。
草食動物っぽく見えるけど、
でも、実はその毛皮の下で、いつでも受けて立てるように戦闘態勢で爪を研いでるんだよね。


そしてそのまま『truth』
何度もいうけど、カッコよすぎ。
左奥になる智さんの背中をずっと見てた。
智さんの肩と背筋のしなやかなライン、好き。


『Tell me〜』潤ソロ
ペンラもウチワも放棄!
ガンガン楽しませてもらったーー!
生バンドだから、最後のとこ(アウトロ部分)をね、何度も何度もやんの。
潤、ものすご楽しそうだったなぁ^^


『HipPop〜』翔ソロ
ドームのときよりも、さらに歌詞がグッとクる。
モニターに映る「このメンツ」が、またかわいくて、よけいクる。
シアワセだと、泣けるよね。


『One love』
空に舞い上がってくたくさんのミルク色の風船。
海の底から泡を見てるみたいな錯角。
キレイ〜って、空ばかり見てたら、嵐を見るの忘れてた^^ヾ
メインステには花男映画のような噴水。
ライトの逆光で、虹が見えて素敵だった。
ってか、ミストサウナばりに濡れた。


『ファイトソング』
罰ゲームは智さん♪
水槽は、逆サイドだから全く見えなくて、ここはモニターをガン見(笑)
C1000のドラム缶風呂CMのときみたいに、
水槽にかけた手が、やたらとキレイで見惚れたわーv
そんでもって、ムービングの上で、智さんに自分のタオルを掛けたげる、潤。
智さんのマイクトラブルに自分のマイクを貸すのはいいけど、
なんでアナタってば、そんな抱き込むみたいにしてお顔くっつけてんのよーーー!
どんだけ喜ばせたら気が済むんだーーーっっvv



もう、最後あたりになるとステージは水浸しだから
みんな、大またで水しぶき上げながら移動してて、
しまいにゃ、スライディング大会になってて。
智さんは、キレーに座ったまま滑っていき、それを雅紀がジャンプして股の下をくぐったり、
こんなとこでもやっぱり翔ちゃんは不器用だったり^^


Tシャツ海パンに、頭にタオルを巻いて出てきた智さんは、やたら態度が「漢!」で
みんなから「漁師かよ!」と突っ込まれ「オラオラ、これから釣り行くぞ!」」なんてね^^
でもね、漢!なくせに、
イヤモニはピンクだし、海パンはピンク×紺のボーダーで、なんだかチェシャ猫みたいでかわいいの♪


アンコールの途中から雨が降り始めて、
もう、濡れちゃうのも楽しくていいやぁ!って、持ってたくせにカッパも着ず、
ひたっすら野外を満喫しちゃった。
花火も、燃え盛る聖火も、キラキラ振ってくる雨粒も。
たくさんたくさん、幸せな記憶ができたライブだったな。


もっとね、広く、遠く感じるかと思ってたの。
でも、外周ぐるりのムービングと、放射状のトロッコと、
久しぶりのクレーン&ジャニーズスーパークレーンと、
あらゆる手段で、より近くに!って工夫してくれる嵐に、全然広さは気にならなかった。
ハコが大きくなった分、もっともっとって心の距離を縮めようとしてくれたの、すごく感じた。
ありがとう! 大好き! って、何度も何度も思った。


頼もしくなったよね。
大きくなったね。
でも、やっぱり本質は全然かわってない5人だから、
前よりもっと好きになって帰ってきた。


ステップアップした次のステージ、
どんな嵐を見せてくれるのか、楽しみにしてるよ☆*°


AAAA2008@国立霞ヶ丘競技場 9月6日MC覚書

お仕事も家のことも、すっかり通常モードで進んでいるのだけど
やっぱりまだ、ふとした瞬間に、国立で見た光景や声がフラッシュバックして、そのたびにフクザツな気持ちになる。


シアワセなんだけど、「もう一度」はないからそれがちょっと切なくって。
しみじみと感慨深かったりもするんだけど、
単純にカッコよかったー!とか素敵だったー!可愛かったー!って高揚感もあり。


ちゃんと覚書しようって思うと、なかなかできそうにないから、
“とっちらかってても書かないよりはマシ”ってスタンスでちょこっとずつ覚書しよっかな、と。
次々と押し寄せるアラシゴトに、脳内HDDいっぱいだし;;;


 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


ってことで、6日のMCから。
メモなし記憶一発勝負なので、きっと不正確ですが;;;


<センターステにて>
★昨夜は早く帰れそうだったから、ご飯作ってってお母さんにメールした翔ちゃん。
★ここで、雅紀・にの・潤の翔ちゃんいじりがスタート(笑)
 「ママぁ〜ごはんつくってぇ〜〜」「おなかすいたぁ〜」
 「ハンバーグがいいなぁ〜」「チーズも乗っけてね〜」
 幼稚園児口調で次々にたたみかける
 黙ってにこにこしてた智さんも「あったかいホットケーキもね〜」って参加
 ホットケーキって晩ご飯か!?
 幼児→ホットケーキのイメージなのかな?
 昔、翔ソロのイメージ映像(って言い方もアヤシイけど)で
 バーチャル彼女にホットケーキ焼いたげる翔くんってのがあったけど、
 まさかあれを思い出したわけじゃないだろーしな^^ヾ
 苦笑気味な翔くんにも、言ってみて?ってやらせる潤
★一応、幼児風に「ママぁ〜ご飯作ってぇ〜」と言ってみるも大ケガする翔ちゃん
 あまりのケガっぷりに「やらせてごめんね?」と謝る潤
★で、それはさておき、ご飯作ってくれとメールした翔ちゃんに対して、櫻井ママの返信は
 「今、それどころじゃないと。もうすぐ魔王が始まると!」←そう言いながらものっそ嬉しそうな翔さん
 結局、帰ったらちゃんと食事を用意してくれていたけどねって
★智さんも、10時17分くらいに家に帰ったら
 「出てきた父ちゃんがグスッグスッって(泣きまね)」
 「どうしたの!?って聞いたら『魔王にやられて・・・』って」
 にの「そんな近くにやられてる人がいたんだね!」
★撮影もいよいよ大詰め
 「でも、俺、こないだブルータス読んだら、リーダー釣り行ってるんでしょ?」って雅紀
 ドラマ撮影中によく時間あるねって末っ子sの言葉に
 「寝てないんでしょ?寝ずに行ってるんだよねっ」ってブルータス情報を嬉々として伝える雅紀
★先日も、朝の撮影が終わって、次が夜だったから10時間くらい空いて・・・って話し始める成瀬先生
 すぐに頼んで船を出してもらったそうで
 夜の撮影は、黙って道を歩くシーンだったのだけど、
 6時間くらい船に揺られてたので、ちょっと、こう・・・(よろけ気味に歩いてみせる成瀬先生)
 「ドラマに影響出てんじゃねーかよ!」とドラマ班末っ子sから高速で激しい叱責が飛ぶ
 土下座してぺこぺこ謝る成瀬先生(お鼻に皺寄っててかわいーーーv)
★昔、釣りに行ったことあったよね〜って、たぶん、翔&にの&智・・・だったのかな(自信ない)
 その時は全然釣れなかったらしく、でも翔くんはテトラポット釣ったよねって(爆)
 最初、G嵐の「荒川で草魚を釣ろう」ロケのことかと思ったのだけど違ってたみたいね
★ちなみに、にのドラマはもう撮ってるの?って聞かれて
 この(国立の)次の次の日?あれ?その次の日から??と答えるにのに
 翔くん「やのあさって的な?」
 メンバーみんな爆苦笑
 「“やのあさって”って、確実にあんま使わねーだろ!」
 にの「だから、3日後くらいからだよ」(←それなら“しあさって”でいーんじゃ?)

 


<メインステに移動しながら>
★今度、釣り、教えてよ、みんなで行こうよっていうメンバーに曖昧に微笑むサトさん
★「ちょ、この人ヒドイんだよ!」と翔くんが、
 以前釣りを教えてって言ったら、船長に教えてもらってってすげなく言われた話を
★智「船長、俺と同じ歳なの」
 にの(かな?)「しらねーよ!」
★にの「釣りっていっても、俺、船ムリよ」
 潤「じゃ、釣り堀に行く?(笑)」
 雅紀「日暮里にね、あるんだよね!」(たしか、日暮里だったと思うんだけど自信なし)


<メインステにて>
★今日はウチの母親来てるから、ってにの。
★「ニノの母ちゃん、おせんべ食べてるからすぐわかるよ
 会場内は飲食禁止ですよーー」って雅紀
 「にののかあちゃん、にのとそっくりなんだよね」って更に雅紀
 「アリーナは芝生を守るためにペットの水しかダメだから」って翔くん
 「おせんべ、ものすごい食べるよね」ってサトさん 
 「や、そんなおせんべ食べてねーから!」抗議するにの


 


あれーー?
セットリスト自体が盛りだくさんだったからMC,短かった記憶はあるんだけど、こんだけだったっけ??
明日、WebのレポがUPされたらわかるかな(他力本願)


Dream”A”live@ナゴヤ MC・5/31(ネタバレなし)

今回、全くネタバレなしにMC部分を書こうと思うと、微妙に難しい構成で;;;
なので「THE★MC」的な部分のみ。
ってか、その中でも、記憶に残ってるところのみ!覚書^^ヾ
ま、あくまで自分の思い出的な、ね?
相変わらずのメモなし記憶一発勝負です。
なので、ちゃんとしたヤツを読みたいぜ!って方は、
きちんとしたレポのあるサイトさんに、ぜひ・・・(他力本願)



★ナゴヤドーム、初めて来た人ーーー?(けっこう多い)
嵐のコンサート、初めて来た人ーーー?(けっこういる)
ナゴヤドーム、初めてですね、初めてのナゴヤドームに来たきっかけがが嵐のコンサートってなんかいいね、みたいな話をしてると、
智さんが「あっちが、ホームランの方?」って。(外野側かって聞きたいらしい)
野球のルールがよくわからない年長組だけど、翔くんが
「わかるって!打ったら右に走ればいいんだろ!?」(ま、そーですね;;;)
★最近、野球のチームを作ったという雅紀。
翔「作った?オーナーってこと?」
雅紀「道具も僕が買い揃えて・・・」と説明するも、よくよく聞けば
バットを3本買っただけらしく(笑)
先日はロンドンハーツのスタッフさんチームと試合をしたんだって(1号2号本人さんはいない)
チーム名は『カラーズ』。爆笑する4人。
「ちょ、なんか、本気っぽくてヤダ(笑)」
なんでも、甲子園を目指していた友達のカラサワくんのために作ったチームなのだそうで。(「カラサワ」の「カラ」なのね)
にの「でも、そのカラサワくんって人が1回しか来てないのがねぇ^^ヾ」
潤「今度、朝早くないとき、俺も呼んで?」
雅紀「うん、いいよ〜マツジュン、キャッチャーね♪」
潤「その時は、キャッチャーミット、ちゃんと買ってね?」
★アリの巣キットを最近買った雅紀。
「普通の砂のじゃなくて、青のLEDライトがついてるゼリーのヤツで
部屋でそれを眺めながら、こうね?カッコよく過ごそうかと思って」。
潤「それ(青く光る)は、アリさんは、嬉しいの?」(←たしかに、私がアリなら嫌だわ;;;)
でも、1週間経ってもいっこうに巣ができないんで、
よくよく説明書を見たら『蟻を入れてください』とあって。
あまりの「らしさ」に爆笑したり脱力したりツッコンだりの4人。
智「そっからアリが生まれると思ったの?」(←智さんにしては秀逸な指摘←失礼)
「気付いたのが夜中だったんだけど、悔しかったんでそのまま外に出てね、コンクリートジャングルの中をね!1時間くらい蟻を探したけどいないの!」。
「で、やっとみつけて2匹捕まえて入れたんだけど、全然巣を作らなくて・・・」。
よく見たら、羽蟻だったんだって(爆)
雅紀のうちでは、青いゼリーの上で羽蟻が飛んでるらしい(笑)
★バレーボール、北京行き決まりましたね、おめでとうございます・・・と振られて
「ありがとうございます」と返事をする翔くん。
「完璧にチームの一員になってるだろ」とニノに突っ込まれてた^^



Dream”A”live@ナゴヤ MC・6/1(ネタバレなし)

MCのしょっぱなはやはり翔くんの骨折の件だったのだけど
そこんとこのくだりは、本館「シアワセの種」の6月2日のニッキにて。


★2日目は、ちゃんとMC内でドラマの告知ができた智さん。
智さんの黒髪に触ろうとした潤がびっくりして
潤「ちょっと!魔王の髪がバリッバリなんだけど!!」
にのあいも触りに来て「ホントだ!魔王、バリバリ!」となぜかテンション上がってる(笑)
智「も、踊ってて髪が額にかかるのが嫌なんだもん・・・」
セットしてスプレーでがっちがちに固めているらしい。
翔「さとしくん、言ってたもんね、髪が長くなるとセットするのが難しいって」
翔「やっぱりさとしくん的には、もう少し短い方が良かったの?でも、魔王はこれくらい長いイメージなの?」
・・・・ってゆーか、役名は「成瀬」のはずなのに、
すっかり「魔王」呼ばわりされてる智さん、カワイイv


メインステに移動して・・・


★翔「昨日、みんなでご飯、食べに行きましたね」
「いつも手羽先ばかりだったけど、今回は初めて和食でね」
・・・と言ってたら雅紀が「料亭で懐石料理ねっっ!」って。
にの「料亭?すみません、アナタの料亭の定義がよくわからない、そもそも、料亭って知ってますか?」
「知ってるよーー!」
「じゃ、どこにありますか、料亭?・・・・(雅紀が何か言おうとしたのを遮って)・・・・あ、千葉ベースでしゃべるはやめてくださいね」
相変わらず、雅紀には容赦ないにのみやさん(笑)


うーわー、こんくらいしか記憶がないぞ;;;
お、思い出したら、そのうち増えるかも^^ヾ(ほんとか?)



Dream"A"live@ナゴヤ・覚書その1(ネタバレ記録)

え〜と、5月31日と6月1日がごちゃまぜです。
でもって、相変わらずのメモなし記憶勝負なので、とってもざっくりしてます。
一応、曲順だけは他サイトさんでチェックして記憶確認してはみたけど・・・。
順番的には、たぶん合ってるけど、抜けてる曲もたくさんあるんでセットリストの記録にはなってません。
でもって、今回、当社比で、かーなり電波できもちわるくてヘンタイ率高しな感想になるはずです(←なんでだろ;;;)
そ、それでも読んでやるぜ!というキトクな方がいらしたら、どうぞ・・・・^^ヾ


ちなみに。
今年はいったいどーしちゃったのか、ものすごい運がいい私・・・。
仕事しかり、席運しかり。
これまで、こんなラッキーが続くことがほとんどなかったんでね、
来年、どんなデカイ反動が来るのかと怯えてしまう小心者なのだけど(><)


なので、31日はバクステ横方向3塁側スタンドの、実質ほぼ最前列から全体を、
1日はアリーナA9ブロで、双眼鏡ナシで智さんと嵐を、という、
申し訳ないような席で、ライブ、楽しませてもらいました。


では、以下、覚書と感想、ごちゃまぜです〜。






★開演前★
モニターに、VTRが流れるの。
花男(会場きゃー!)
そしてヤッターマンのマークが出た途端に湧く会場(笑)
お馴染みのヤッターワンが疾走する場面が流れた後に、
ばーん!と「主演・櫻井翔」の文字!!
って、文字だけかーーーいッッ(爆笑)
24時間TVの告知Vも!
智さんの涙から始まって、メンバーの表情が次々に。
で、誰が泣くと思いますか?って質問に、
「やっぱ、相葉ちゃんでしょう」
「相葉ちゃんだよね」・・・と、みんなが答えて、
当の雅紀は「泣くとか泣かないとかじゃないですからね!司会を頑張りますよ!」。
『24時間TV・製作中!』の文字
いやいやいや、映画じゃないから!製作中って、ナニ?(爆)


暗転前から、すでに会場のあちこちで立ち上がって嵐コール始めるコたちがいて。
アリーナだけじゃなくて、スタンドのてっぺんの方でも、そうなの。
とてもアツくて、こんなにも嵐に会いたい!待ちきれない!って思ってる人がたくさんいるんだぁって、
なんかね、すげぇなぁ、すごいとこまで来ちゃったんだなぁ〜なんてね、
親かよ!マネージャーかよ!って、感動しちゃってる自分にツッコんでみたり^^ヾ

★オープニング★
今回は、一人ずつ登場するんだね。
最初の雅紀が出た時点で、後ろの縦5分割巨大モニターに映ったモノクロの映像がカッコよくて、おぉ〜☆*°とテンション上がったのもつかの間。
智さんが登場した瞬間、固まる私。
「・・・・・カ、カッコイイ・・・・」
もうね、叫んだりもできないの、呟いて、固まるしかできないの。
黒い髪と黒い衣装が、肌の白さを引き立ててて、
でね、インナーのタンクトップの胸元が思いっきり落ちてるの。
これまで、智さんに、こんな胸元の開いた衣装を当てられることなかったから、免疫なくて。
首もとから匂い立つ色香がハンパない!
濃褐色の前髪を流すようにセットしてて、
フッ・・と目を伏せた表情も、もう、壮絶に色っぽくてーーーーーーーー!!!

★Life gose on★
歌割りどおり山+風に別れてのフォーメーション。
1日、私の位置は花道より上手の風サイドだったんだけど、
ごめんなさいして、ずっと遠くの山をガン見。
だって、歌ってなくて照明が当たってないときも可愛いんだもん。
翔くんはずっとリズム取ってて、智さんはときおり翔くんのことチラ見してるんだもん。
これ、31日にはトロッコがけっこうな速さで横スライドして両サイドの山と風が集合してたように思うんだけど、
1日は翔くんの踏ん張りが利かないせいだろね、横移動はなくなってた。

★LOVE PARADE〜Love so 〜えびばで前進〜カーニバルナイト2★
うっわーーーー!馬、デカイなぁ(笑)
他のアイテムに比べて、馬の縮尺、デカ過ぎだよね?
まるでHey!Say!JUMP用のセットみたいなかわいいパレードだよねぇ^^ヾ
また、衣装が、奇天烈で^^(褒めてます)
乗ってるアイテムに合わせた衣装になってるよね、これ?
先頭・木馬の潤は、なんだかボスキャラっぽい豪華さのホワイトシルバーにフクシャピンクのコートドレス。
すげぇ華麗なんで、トロイのヘレンみたいだった(←木馬で敵を奇襲した女騎士ね)
親指姫みたいにお花に乗ったにのみあさん。
「俺はお花の上にいる〜もうすぐ25歳〜でも恥ずかしくはない〜」的な替え歌で登場。
若草色のコートに両面テープくっつけてお花畑を転がりまわってみました、みたいな衣装。
次、ギフトボックスに乗った雅紀。
ボックスの側面は大きなモニターになってて、メンバーの様子が見れてありがたい。
ハウズコンの「OnlyLove」のときみたいな水色のチュールレースたっぷりの衣装に、
オレンジとかのでっかいふっくりしたリボンがくっついてるヤツ。
で、クリームソーダ智。
山車からはソーダの泡をイメージしたシャボン玉がけっこうなイキオイで噴き出してる。
智さんの衣装は、白っぽいコートドレスに、やたらメルヘンなピンク色の飾り。
ねぇ、それって、ソーダ水のさくらんぼのイメージなの?
すんげぇかわいいんだけどっっ!
ラストは、よくわかんない乗り物の翔くん。
透明な側面のとこで、カラフルな風船がくるくる舞ってて、とってもラブリー。
衣装は、潤と対っぽいのかな?
後ろの首のトコに、大魔王みたいな飾りがついててカッコ可愛い系?


あのね、外周をぐる〜っとパレードがまわってるときにね、スタンドを見てたの。
ナゴヤドームは、けっこうてっぺんの方まで一人ひとりの様子がよく見えたの。
で、メンバーが通過して手を振るとね、その一帯が泡立つみたいにさざめくの。
でもね、遠くの人たちも、みーんな一緒に踊ってるの。
野鳥の会みたいに双眼鏡ばっか覗いてる人はほとんどいなくて、みんなが参加してるの。
あぁ、これだから、嵐コンは楽しいんだよね、シアワセなんだよね。
メインステからメンバーに見えてる景色って、こんなに幸せな景色なんだなって、じーんとして、ちょっと、涙でちゃった。

★智ソロ★
・・・・・先に、1つだけ、ツッコんどくね。
えーと、あの白い指出し手袋、釣り仕様ッスか?^^;
金のベストに黒エナメルっぽいパンツ・・・・ときたら、でーきれば黒皮の手袋でお願いしたかったよーな・・・・ね?


でもね、そんなんは、いいの。
だって、壮絶に色っぽいんだもん!
振り付けもね、むしろエロイんだもん!
隠しても抑えても、匂い立つみたいな色香がね、滲んじゃってるんだもん!
・・・・・見てるだけで、妊娠しそうなくらい色っぽいんだもん・・・・。
なんかね、夜露にしっとり濡れたクチナシの花みたいに綺麗だったの。はぅ・・・・///

★翔ソロ★
HIPなPOPスターしょーくん炸裂で^^
聴いたら泣くかと思ってたけど、この演出だと楽しくノッてしまえるなぁ^^
「このメンツ」がメインステの大スクリーンに映るんだけど、
智さんは、得意の顔芸パターンで(笑)かわいいなぁ♪
1日は、翔くんムービングステージ使って移動してて、その下をJr,とダンサーさんが潜り抜ける演出になってて、違和感なし。
急な変更なのに、さすが。

★Flash back★
PZみたいな女性ダンサーさんとのダンスがね、新鮮^^
たぶん、この曲だったと思うんだけどなぁ・・・智さんの手の表情がね、とても素敵だったの。
あのね、「All or Nothing」DVDでね、智さんがカポエラ披露した最後に、シャン・・・って手をふわっとするところ、あるでしょ?あんな感じなの。
ふわりと余韻を残した指先から、金色の魔法のキラキラが散るみたいな感じ。
ってか、やっぱり、この曲、好きーーーー!
衣装も、宇宙みたいな群青色系の表面がテラッとしたスーツでオトコマエなんだもん^^

★雅紀ソロ★
HAPPYであったかいよね^^
でも、今回の振り付け、一見簡単そうだけどちょっと複雑(><)
まね、できなかったよーーーー一緒にやりたかったのにーーーー!
バクステでブルースハープ吹いてる雅紀は、なんだかモニターでアップになるとオトナの男って感じだったなぁ^^

★We can〜大丈夫★
個々に着替えて登場するのだけど、
雅紀はそのままバクステ側で着替えて登場
なんか、肩章とかごっつ付いた金ラメのアラブの王子様っぽい衣装?
ブレードとかもね、ピアノカバーみたいで、すーげぇ生地が高そう(衣装にお金かけてもらえるようになったよねぇ〜としみじみ)
色違いだけど、メンバーカラーじゃないのも◎
でもって、智さんがホワイトシルバーに金ラメなの〜〜〜〜今回、以前なら絶対このデザインや色は智さんに当てなかっただろう、みたいなのが多くてね、嬉しくてね〜高貴&せくしーさとし路線なんだもん、衣装が♪

★で、こっから、MCに突入★


Dream"A"live@ナゴヤ・覚書その2(ネタバレ記録)

今回のMCは花道先端でひとしきり。
→メインステに歩いて移動、しばらくして智にのハケる
→翔雅紀潤の3人でトーク=主に個人のお仕事関係の宣伝〜リーダーの個展、まだ行けてない人のために映像をね、お見せします!
→個展会場の映像が正面のスクリーンに映る。
→大宮フィギュアの巨大パネルの前に、大宮がいる!!
→宮Kユージ「コンナニ黒クナイネ、コレ、ツクッタ人センスナイヨ」
 大Sタカ 「ソンナコトナイヨ・・・」
 ・・・・と、非生産的な(笑)会話が続いた後
 ユージ「ダブル乳首ダイヤル〜〜ッ!」(タカの両乳首をつまんで回す攻撃)
 タカ「ダブル乳首リダイヤルーーッ!」(タカの反撃!)

★大宮SK登場★
なぜか、今回の大宮は神輿オシ。
♪みこし・みこし・みこし〜〜♪とキョンシー風ダンスやら
うつぶせのジャイアントスイングやら(ぶん回されるのはタカ、着地が痛そう;;;)
♪てーごしじゃないよ、神輿だ〜よ〜♪(スクリーンに犯人みたいに目を黒くされたにうす・テゴシくんの顔)
♪大宮SKじゃないよ、大宮SKOSHI(おおみや・えすこし)だよ〜♪
お祭りJr、が持ってる「大宮SK」幟は、もともと下半分が折り返して隠してあって、
ここでパラリと広げると「大宮SKOSHI」になっている(なんだ、このカオス^^ヾ)

ステージには大宮名物の大砲(しかも、ドーム仕様の超ロング)
そして、大宮恒例の発射失敗。
31日
ユージ「イエ〜イッテ言ッタミナサン、オヒサシブリデ〜ス、ポカ〜ントシテルミナサン、ハジメマシテ〜」
ユージ「花男トカデ新シイオ客サン、イッパイ増エタ〜ダカラナンダコレト思ッテル人多イト思ウ」
ユージ「タァカ、オモシロイ話、シテ?」
「ん??」「は??」「え??」みたいなお顔で内心焦ってるタカ、めっちゃ可愛いv
だんだん、顔が近づく大宮。タカの鼻先至近にユージの鼻と口。
ユージ「タァカ、カリカリ梅ノ匂イスルヨ。ナンカオモシロイ話、シテ?」
追い詰められたタカ
「カリカリ梅ガ好キナノハ、名前ヨリモカリカリシテルカラーッ!」叫び逃げ(笑)


若干、苦笑気味で翔雅紀潤登場
翔「まぁ、初めてご覧になった方は、なんだあれという感じでしょうが、まぁ、ね?あれもいわゆる伝統芸的なね?」
潤「ユルいよなぁ〜ノープランだよねぇ、も少し何か考えてるのかと思ってた。このコーナー、時間が読めないんだよね」(コンサート職人らしい感想だ)
このときの潤の衣装、かーーなり好き!
カーキのざっくりした綿素材みたいな、ちょっとへちま襟っぽい被るタイプのノースリーブで。コムデギャルソン風っていうか、草原民族風っていうか。
1日は、翔くんは出てこずに雅紀と潤のみ。
コンビニで外国人店員さんに気付かれた話を披露する雅紀。
その店員さんは雅紀を芸能人だと気付いて「ハクシュしてください!」って手を差し出したんだって。
「思わず僕、突っ込みましたよ!“握手だろ!”って!で、あ〜僕、意外とツッコミ、イケルかもしんないと思って!」
これからは、どんどん突っ込んで行く、という雅紀に、すかさず「ハクシュして下さい!」と手を出す潤。
「握手だろ!」潤をはたく雅紀(若干、顔がビビリ気味←爆笑!)


★サクラ咲ケ〜ファイトソング★
今回の新兵器!! モビール嵐!?
ど、どこにいるの??とキョロキョロさがしてたら
頭上から「こ〜こだ〜〜〜!!」の声!
ドームのたっかい天井から、モビールみたいに横並びでワイヤーで吊られた5人!
全員オレンジ系の上+グレーのパンツ(なので、ちょっぴり智さん、悟空っぽい)
吊られたまま、バクステまでゆっくりと移動。
途中、高さを変えたり、逆さづりになったり、回転したり。
もう、見上げすぎて、首が痛い!でも、見ていたい!
私の頭上をふわふわと智さんが飛んでいるぅぅぅ〜〜〜〜(嬉泣)
智さん、基本的にナナメ60度くらいに体勢を保ってて、足もきれいに揃えて組んでてね、すごくキレイなの。ほんとに悟空が空中浮遊してるみたいなの。
あれ、かなり筋力ないと、あの姿勢、キツイと思うんだよね。
で、「∩」みたいにえび反って脱力してたり、基本、楽しそう。
潤はぐるんぐるんと両手を広げて回転してて、
にのあいも前回転・後ろ回転、逆さ・・・とやってるんだけど。
「翔くん!まわってっ!」と促されても、微妙な翔くん。
31日、着地してから「地上はいいなぁ〜〜!」と叫んでた^^
1日もね、翔くん、ちゃんと吊られたの(涙)
翔くんだけ、足のトコに吊り輪みたいな足置きが増設されてたけど、それでも、笑顔で吊られてくれてたの。みんなのためにありがとう!って心の中で手を合わせたよ。

★にのソロ★
メインステ〜花道で、黒ジャケ+黒地に赤い花のシャツ+黒パンツ、Jrを従えて。
にのみやさん・・・・・・あざとい!!
確信犯的なあざとさで陥落させにきてるよね。
でもね、私、あからさまなエロさにはグッとこないのでね、おぁ〜そーくるかぁ・・・と見ていたのだけれど・・・・。
あのさ? にのみやさんのダンスって、首が定まってないでしょ?
そこが、まぁ、色っぽいと感じるんだろーけどさ、今回さぁ、
汗で濡れた前髪を振り乱して、けっこうお兄ちゃんチームのJr、に囲まれて、翻弄されるがごとく激しく踊ってるにのみやさん・・・・
ごめんなさい、強姦されてるみたいでした、しかも、輪姦・・・・←一応、色を変えて伏せてみたんだけど、携帯からだと意味がない;;
・・・・・なんか、もう、すみません・・・だって、そう思っちゃったんだもん!(脱兎)

★潤ソロ★
こちらは、バクステから真っ白!
素肌にベストとスーツ。ダンサーさんも薄い生地の白+薄い草色のドレス。
バクステから円筒ステージが上がって、側面には扇情的なポーズで張り付く美女数名。
なんか、妖しいウエディングケーキみたい。
そして、白い薄布を纏ったムービングステージで、華麗に舞い踊りながら前に移動。
なんか、それ、天蓋ベッドですか?
ってゆーか。
「・・・・・合田武志くん、こんなに立派になって・・・・」と思う私。
ダンスのテイストとかね、髪型とかね、モモちゃんみたいなんだもん。
モモちゃんがコンテンポラリーダンス踊ってるみたいに、現実味ゼロの夢心地なんだもん。
そして。
メインステにいよいよ近づいた終盤、ダンサーさんの白い布に囲まれて見えなくなる潤。
「ぐへーーーー!脱いだ」
・・・・ほんとに、ひらがなで「ぐへー」って言っちゃったよ、私。
上半身、裸で、パンツの腰ゴムが見えてる潤。
・・・・・鍛えたなぁ、胸板、厚くなったよね。
・・・・・・・・・・ってか。お腹周りも、厚みが・・・・ね?
昔は柳腰だったから、細っこくて脱いでも、あ〜若いなぁ〜って感じだったんだけど、
おへそのあたりがね、やけにむっちりしてて腰周りがしっかりしてきてね、
それが返って、リアルにやらしいセクシー。
末っ子Sの濃ゆ〜いソロ連打、ある意味、すごい構成だな^^ヾ


Dream"A"live@ナゴヤ・覚書その3ネタバレ記録)

メインステ上手から、智さんがほやっと登場。
手にはツアーグッズのエコバック。
環境を意識してバックのほかに、歌も造りました〜「グリーン(Greenn?)」披露。
スクリーンにはイモムシ君がお散歩してて、
ゴミや廃棄物が、青空とお花畑に変わっていく映像。
やさしいメロディの、やさしい歌だった。
24時間テレビで歌ったりもするのかな。
♪あるはずだったのに、いくつも・・・・って、易しい言葉で、説教臭くなくエコを伝える歌。
嵐が歌うと、エコも、等身大で同じ目線で、ちょっとした自分の一歩で変えられるなら・・・って思えるのがいいな。
余談だけど、翔くんのオーストラリアの取材を見てから、我が家の水道料金は前の年より2千円くらい安くなってる。節水、してます。電気もガスもね、減らしてるの。

★Once agein★
踊ってる嵐は、やっぱ、カッコイイ!

★らっきーまん〜ハダシ★
スクリーンには、Aのマークのお人形?が振り付け指導。かわいーーー^^
ここはね、ウチワもペンラも置いて踊らなきゃねっっ♪
ハダシの未来、発売したときはちと地味だと思ったもんだけど、定番になったねーー^^

★おーいえー〜言葉より〜★
好き、おーいえ〜!
一緒に手をぶんぶん振ってるのがすーごい楽しいv
そして「あるからーーーーッ!」と叫ぶと、テンションがMAX!
言葉より大切なもの、大好き。

★YOUR SONG★
アルバムを聴いたときに、好きになるだろうなって思った曲で。
この曲の記憶に、どんな景色が加わるのか、楽しみだって思ってて。
思ってたより、ずっとずっと、幸せな景色だった。
潤が「もっと!もっと!!」って目をキラッキラさせて言うから、
5人にもっと喜んでほしくて、こんなに楽しいよって伝えたくて、
泣き笑いで一生懸命、歌ってた。

★アンコール〜感謝カンゲキ★
ツアーTシャツの右わき腹に「A」の流れるみたいな文字が入れてある特別仕様で登場。
今回「A.RA.SHI」がなかったわけだけど。
でもね、意義的なこととか考えはじめると、いろいろあんだろーけど、
ワタシ的には、感謝で「あらしぃぃ〜〜」って歌えてるから、けっこう満足しちゃってるとこ、あるかも。

★俺らの名前はなーんだ!?★
やっぱね、これを最後に叫ばないと!
31日は潤がやってたんだけど、
1日はね、翔くんが左手でないと繋げないから立ち位置が一番右になって。
で、潤が両手を繋ぐからマイクもてなくて、隣のヘッドセットマイクの翔くんに「やって?」みたいなこと目配せしてるんだけど、「え?え??俺が言うの??」って戸惑う翔くん。
ハケる時に、山っこが左右にゲッツ!みたいな感じで別れていくのが、かわゆすv

★ダブルアンコ〜ONE LOVE★
すごく出てくるまでに時間がかかったと思ったら、
パステルカラーのメンバーカラーのスーツで登場。
31日はね、MCのときに魔王の告知がなくてね、
やらないのかなぁって不安になってたから、ここで話が出て嬉しくて!
「7月4日から、ドラマ、やります」って、テレながら告知する智さん。
それ、聞いた途端に、こみあげちゃって、口元押えて涙出ちゃう私。
気配を感じて隣を見ると、Sちゃんも同じで。
2人して、すごくアヤシイ人になってたと思う。
だって、ずっと、夢だったんだもん。
ライブでドラマやりますって告知聞いて、おめでとうーー!って拍手するの、夢だったんだもん。
会場から口々におめでとうコールや拍手があがって、
照れかくしに「見守ってくだせぇっっ!」みたいに鼻息荒く言っちゃってる智さん。
嬉しい!嬉しい!!嬉しいよぅーーーー(ひたすら、涙)


潤「衣装変えて出てきて、A.RA.SHIやるわけにもいかないんでね?」
会場「え”え”ぇぇぇ〜〜〜〜〜っ!!!」
潤「ごめんね?でも、今は、A.RA.SHIよりもこっちをオシていきたいんで!」
ということで、新曲を披露。
雅紀「初めて聞く人も多いと思うけど、歌える人は一緒に歌ってね!」
翔「どー考えても、初めての人が多いだろう!」
ニノ「どーやって一緒に歌うんだよ!?}
雅紀「そこは、瞬発力でねっっ?」
潤「そこは聞いてもらったほうがいいんじゃないか?」

1日は、ここで「おそろいだね〜」「私服なんだよ〜」みたいな小芝居コントを繰り広げてて、楽しそうで微笑ましかったな^^

新曲、バグパイプから始まるイントロが、なんか映画のイメージと合ってる気がする^^
耳に残るし、歌いやすいし、ヒットするといいなぁ^^

★ピカダブ★
この曲も好き〜〜♪さ〜わぎ〜だす〜〜のとこで、手をそよそよするとテンション上がる。
ってか、いまだに毎回、リレーソロを聞くと「うまくなったなぁ・・・・」としみじみ嬉しくなる(←Mステが、よほどトラウマらしい)

★ラスト、もいっかいご挨拶★
1日
翔くんの「僕の華麗なダンスを〜」の挨拶(本館の2日のニッキに記載)
潤「正直、いろいろあったりもしましたが、こうやって5人でステージに立てたことを嬉しく思います。
今度は、5人揃ってちゃんとしたパフォーマンスを・・・・あ、翔さんは全然。悪くないんですけど!・・・お見せできるようにしたいと思います」
潤の“いろいろ”・・・・んとね、実は1日の智ソロのときに、智さんのマイクがおかしかったように思ったの。それかなって。
声が通らなくて、こもったようで、しかも割れてたの。
ほとんど終盤になって、クリアに聴こえるようになったのだけど。
でも、シリウスだったかな?聴かせる歌のときにもね、智さんのマイクがちょっとおかしくて。
それが、唯一、今回の私の不満だったんだけど(あ、バックネット外してほしかったのと、モニターが小さかったのも改善希望点か)
でもね、ひょっとして、私たちの前のスピーカーが悪かったのかも。
だって、アリーナBブロにいたKちゃんは「聴き惚れたよ〜」って言ってたしね。
智さん。
「今日は、会場のみんなといっぱいエネルギー交換できましたぁ!
みなさんと交換したエネルギーを、大野家に持ち帰ります!」
メンバー口々に「大きすぎだろ!」「どんだけ大野家元気になるんだよ!」と総ツッコミ。

1日、
翔くん、左端にいるままだけど大丈夫かな?と思ってたら、
そのまま智さんと腕組んだぁぁぁ〜〜〜〜〜!!!
山、可愛い・・・・v
最後の最後も、山で華麗な?ポーズをキメて左右にハケていったv


・・・・・以上!
なんか、日ごろサクヲタなのか潤マニアなのかよくわかんないニッキばっか書いてるけど、こーゆーときには、やっぱり心の底から智ファンだなぁと思ってしまう。
だって、ほとんど智さん絡みの記憶しかないんだもん。
ものっすごい智寄りで、きもちわるい感想になってしまってるよね、ごめんなさい(><)
名古屋しか行かないから、もう、可能な限りずっと智さんばっかみてたようで・・・・。
目が7つあったらいいのにね、メンバー用と、全体用と、モニター用と。
後で、お友達や大好きサイトさんのレポ、読みに行こう♪
たぶん、私の知らない世界が繰り広げられてるはずーーーーー♪







アマツカゼ〜大千穐楽

青山劇場で観劇してから、ほぼ1ヶ月ぶりの凪。
NHKホールは「TRUE WEST」以来だよね。
あの時に工事中で地下掘ってたお向かいの現場には、立派な府警本部ができてた。
今日の席は2階M6列センターブロック。見下ろすカタチで、最後の凪を見届けてきた。


東京公演の後半からすでに変わっていたのか、大阪公演からなのかはわからないけれど、
展開や心情ののヒントになったりする台詞が増えてて、初見でもわかりやすくなってた。
アドリブなのかな、遊びの要素もちょっぴり、増えてたし。
で、自分の別館の覚書を見たら、案の定、違うじゃ〜ん!みたいなとこも多々あって
そこは後で密かに修正しておこっかなー^^ヾみたいな?


 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


定刻より少しだけ押して始まったのだけど、
終わって、ロビーに出て携帯の電源を入れたら16:17で。
カーテンコールとおまけで40分近くあったみたい。


いったん幕が降りて、キャスト全員でのカーテンコール→智さんのみのカテコってのは、通常通り。
その後、しばらくの間があって、赤×黒の照明とともにナレーション!
総制作費・チケットの競争率・当日券に並んだ人・・・・と(全てありえない単位のジョークなんだけど)数々の記録を打ち立てたプーシリーズ、このまま終わるわけにはまいりませんっ!
・・・・ということで、青山楽と同様に『センゴクプーの予告編』の幕開け〜!
雷蔵さん、ヌゥベンちゃん(は、もちろん本人)、
きださん(出てなかったくせにぃ!とヌゥベンちゃんに突っ込まれる)
(武田さんは4作全部出てたけど、俺は4作全部、作&演出してた!と反論するきださん)
まりかちゃん@不細工忍者しぐれ(頬に赤丸シール・歯にはお歯黒シール、でもカワイイ)
星ちゃん@雪那様(ふだんやわらかくてイザというとき硬くなるもの・・・・のくだりを)
アツヒロ@嵐山(山本さんに比べて、格段にスリム/爆)
そして、でっかいしゃもじ持って風助さん登場♪
センゴクプーのときみたいにみんなで『WoW!』を歌う。
まりかちゃん、ノリノリでかわいいの^^


その後のカテコで、一人出てきた智さん、前向いたまま両手で顔を覆う。
そっから、ちょっと待って、みたいに建て直しを図るんだけどダメで、
顔を覆ったまま俯いてしゃがみこんじゃって。
髪の毛がつんつんした頭頂部が膝の上に乗っかってて
小さい子が「えーん」って泣いてるみたいな姿なの。
でもね、「号泣」って感じじゃ、ないの。
嗚咽するわけじゃないんだけど、涙が止まってくれなくて、うまく言葉が紡げない感じで。
「なかなか感情って、抑え切れないもんですね」って。
宝物が、またひとつ増えました。
年明けから個展あって、舞台の稽古始まって、東京公演あって、そんで終わったらコンリハで。
(大阪公演が控えてるから)振り付けがなかなか覚えらんなくて(苦笑)・・・・って、
ちょっと猫背に両手を前で揃えて、腑抜けたみたいなほや〜っとした顔で、ぼそぼそってしゃべってて、さっきまでとホントに別人みたいで。


その後に、またキャスト全員で出てきたのかなぁ。
で、ヒトコトずつご挨拶。

智さん
このカンパニー、ほんとにみんなやさしくて、いい現場でした(みたいなお話だったように思うんだけど、私もガン泣きだったんで記憶が;;;でも、みんな優しくて、ってとこだけは覚えてるの)

きださん
劇団解散してから、芝居をやめようと思ってたけど、やってよかったってお話(ここで、アツヒロがえ?やめるつもりだったの?みたいな反応してた)

西ノ園さん
プーシリーズ3作出演、
2作は発砲の作品のリメイクだったけど、薫風からは書下ろしって事で本当にタイヘンで。
でも、大ちゃんが稽古場に来るとグッと現場が締まる、みたいなお話。

武田さん
あれれ・・・武田さん、大好きだーーと思いながら聞いてたんだけど、
真っ白の上下+黒ブーツの武田さんの姿は浮かぶのに音声の記憶が空っぽだ(><)

まりかちゃん
もう、涙、涙。
この舞台をやらせてもらえて、本当に良かった。
大野座長がさっき“みんな優しくて”って言われたけど、それは大野さんが優しいからだと思うって、また涙。

アツヒロ
智さんから「毎回、芝居を変えてきやがって!」なんてクレーム入ると
「それは、大ちゃんが、もっとチカラを出せるように・・・」みたいなかけあいを^^

星ちゃん
え?私が最後なんて・・みたいに躊躇ってると、アツヒロから「いや、最後は座長が締めるから」みたいに促されて、話し出す。
始めての舞台だったのだけど、みなさんが初めてだなんて気にしなくていいよって優しくアドバイスしてくださった。
さっきからみなさんが千穐楽ってことでお話されてるけど、私にはまだよくわかってなくて、なんか、2〜3時間したらどーん!と終わったんだなぁってクるんじゃないかと思う。
大野さん、アツヒロさん(・・・と、以下、全員の名前)そしてアンサンブルのみなさんも、本当にありがとうございました。
・・・・・と、〆たあとで気付く星ちゃん。
「あ!きださんのお名前、忘れてた!」きださん、苦笑してた。
星ちゃん、しっかりしてるようで、けっこう天然さんだよねー^^

ラスト、座長
〆のご挨拶をしようとした智さんをさえぎるように武田さんわざとらしく「あ!忘れてた!」
ここで、キャスト・スタッフからきださんと智さんにサプライズプレゼント。
顔見合わせて驚く二人。
きださんには「虱」の旗。全員の寄せ書きが書いてあるの。
智さんはこの少し前にきださんから「風助になろう・・・」って旗を首に巻かれてたんで、
きださんもその旗を同じように巻いて、ダブル風助になってた。

智さんには、でっかいキャンパスみたいなのをえっちらおっちらアンサンブルの人たちが運んできて。
やけに重そうだと思ったら、かけてあった布を取り去ると、カラフルに落書きされた板。
稽古場の休憩室用に美術スタッフが作ってくれたテーブルに、みんながどんどん落書きしてたヤツ。
もう、使うこともないので、座長に持って帰ってもらおうと・・・って^^
コチラも天板の裏には全員のメッセージ入り。

落書きは「ほとんど大ちゃんだけど、全員、下手なのもあるけどそれなりに描いてた」とアツヒロ。
見せてくれた天板は、もう、びっしりといろんな絵が描き込まれてた。
智さんが描いたいたずら描きに、みんなが色をつけてるって言ってたよね。
縦書きの「プー」の文字は蛍光ピンクに白でつやピカっぽくしてあったり、
山吹色の「Pu〜」の文字、智さんお得意のニコちゃん大王みたいなヤツやシュールな裸のおっさんとか。
みんなに天板見せてる間、智さんは裏のメッセージを「どんなん書いてあるのかな〜」みたいな表情で覗き見してた^^


次のカテコは、一人で。
で、次に出てきたときには「写真、撮ろう!」ってキャストを呼び込んで。
智さんのマネージャーさん(スラリとした爽やかクン)がカメラマンで登場。
客席をバックに、みんなで記念撮影。
マネージャーさんの位置は、階段セットの上になるので、床に寝そべるようにしてパチリ。
撮影終わったら、智さんとアツヒロが厳しい画像チェック(笑)


それでも、鬼のよーに鳴り止まないコール(疲れてるんだから、休ませてあげたいけど、でも、みんなもう一目だけでも逢いたいんだよね)
ラスト、一人ででてきて、会場中を見渡していっぱい手を振ってくれた智さん。

長い長い夢をありがとう。お疲れ様でした。
凪、とても素敵だった。
アマツカゼ、とても好きな舞台でした。
つらい中にも希望を感じられるラストで、1歩踏み出す勇気をもらえた気がする。
凪、忘れられない人になりました。


ご挨拶

・・・・・長っっっ!
カーテンコールの様子とかは、大好きなサイトさんのを読んで満足しちゃったので私はいっかな〜って(力尽きた)

全部読んでくださった方って、いるのかなぁ;;;
いらっしゃったら、本当にありがとうございます!(最敬礼)
長すぎだよねー、全然簡潔に纏められない。
 
メモなしの、記憶勝負、
とにかく全身全霊で集中して観てきたのをどわ〜っと書いたので、
もしかしてひょっとしてDVDが出たりしたら、ここも違うじゃん、あそこもかよ〜みたいなことになるんじゃないかしらん^^ヾ
でも、書いたことが無駄になっていいから、DVD,出してほしいな。
自分の記憶がね、そのまんまの映像で、相手の脳内に再生できればいいけど、
そんなわけにもいかないので(あたりまえ)
あんなにカッコイイ智さんを、期間限定・人数限定でしか見られないなんてもったいなさすぎるもん。
そんでもって、私も、何度も何度も見たいもん。

しかし、まとまらない・・・・・とりあえず、寝ます・・・


アマツカゼ・覚書(ネタバレ記憶録)〜本編・その4

【その3からの続き】

神ノ岳には、りんと男。
「悪かったな、突然攫って。俺はお前の兄貴の友達だ」
なぜ、と訊ねるりんに、昔の罪滅ぼしのためかな、と男。
「谷村の姫さんも大きくなったもんだな。昔、担いだときは俺より小さかったのに」

視線を彷徨わせ、必死で記憶をたどるりん。

そこへ、凪がやってくる。
陽炎と仁雷のは?と訊かれ「あの二人は、ここには、来ない」。苦しそうな凪。
「すまなかったな、あの二人を助けられなくて・・・」という男に、
「俺のほうこそ、すまなかった。海に、出られなくなった・・・」と凪。
凧にしたために、男が航海を夢見て縫っていた帆が台無しになってしまったことをわびる。

そんな二人に、全てを思い出したりんが叫ぶ。
「騙されないで兄上!その男は、私たちの仇です!」。
7年前のあの日、谷村の家を襲い両親を殺してりんを奪い、凪を不動に引き渡したのは。
凪の風を止めたのは、この男だった。

そこへ不動、登場。
「久しぶりだな、7年ぶりか」
男の名は『虱(しらみ)』。不動の子飼いだった『虫』の一人。
手にした帆布を引き裂く不動。
『風』と書かれていたその文字は、破られて『ノ』と『虱』に分かれる。
虱は、あとちょっとが足りなくて風になりそこねた男だってことを、その文字で象徴してるんだよね。
さんざんいいように利用して、用が済むと“虫けらのように”虱たちを切り捨てた不動を、虱もまた、恨んでいた。
不動に斬りかかる凪に、こいつには正攻法は通用しないから何か作戦を!と叫ぶ虱だが、凪は聞き入れない。
「不動は俺一人で倒す!お前との事はその後だ!」
この7年、不動を討つことだけを考えて生きてきた凪。
だが、凪に剣術を教えたのは不動なのだから、敵うはずはない。
凪の盾になって、不動に刺される虱。
「あの日」の、せめてもの罪滅ぼしに。
「この山、お前にやるよ」と凪に言い遺して、死んでいく虱。

りんを庇いながら不動と対峙する凪に、不動が呼びかける。
「ワシの命を狙うお前をずと傍に置いていたのは、お前の力がワシの力になると思っていたから。
望みどおり、りんはおまえに返してやる。
これからワシと二人で、りんを守りながら天下を目指さぬか」
刀を置き、手を広げる不動。
凪も、不動に近づいて・・・・素早く刀を手に取り、斬りかかる。
ついに!と思ったが、不動は着物の下に鎖帷子(くさりかたびら)を着けていた。
「騙したのか!?」
「さっき言ったことは、本当だ。だが、これは、お前を生かす最後の賭けだったのだ」
不動の怒りが爆発する。

再び、凪と不動の闘い。刀を落した凪。
「武器もなしに、ワシに勝てるわけがないだろう」
「武器なら、ここにある!」
刃を避けながら、不動にむしゃぶりつく凪。
そのまま二人して洞穴の湖に転がり落ちる。

  *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

水の中では、鎖帷子を身につけた不動はうまく動けない。
それが凪の作戦。
「ワシは、こんな戦い方をお前に教えた覚えはない」
「教えてくれたのは、俺の“友達”だ!」
凪が、仇である虱を友達だって言うのが、虱の考え方が凪にバトンタッチされてるのがね、なんかグッとくるよね。
 
  *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

湖から上がってた二人。
空には明るい月、そして、湖面にくっきりと映る、月。
『山に、月二つ』・・・・不動の最期の時。

ところが。
「お前に、ワシを殺すことはできない」と不動。
不動の身体は核の病に蝕まれ、もう胃がすっかり腐っているのだと。
「獅子身中の虫とは、良う言ったもの、さすがのワシも身体を食い荒らす虫には勝てなかった」
「友を裏切り、慕う部下を犠牲にして、お前は本当に強くなった。
お前は、本当に、ワシにそっくりじゃ・・・・」
駆け寄った凪の腕の中で、息絶える不動。

えぇぇぇぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっ!?
不動、胃がんで死ぬのぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜〜!!??
あまりの衝撃SHOCKに、心中、ぼーぜんとする私。
はっっ!
気を取り直して、舞台に集中しなくっちゃっっっ(焦)

「死ぬな!お前は!お前は俺がーーーーーッッ!!」
取り乱し、泣き叫ぶ凪。
不動を討つことだけが全てだった7年間。
そのために、たくさんの血を流してきた。
本意ではないが、それも全て不動の位置まで登りつめるためだったのに。
自分の手で、決着を付けられないなら、この7年は何だったのか。
不動を討つ、という凪の目的のために犠牲になった陽炎や仁雷、虱の死は何のためだったのか。

何度挑んでも、ずっと敵わなかった相手。
だからこそ、もっともっと、と強くなれた。
憎んで憎んで、憎み通していく間に、いつのまにか心の中で大きい存在になっていたのだろうな。
憎しみって、歪んだ愛情と背中合わせなのかもしれないね。


  *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


たたずむりんの傍らで、呆然とへたりこむ凪。
全て、終わった。
たくさんの命を犠牲にしてきたのに、結局自分は何もできなかった、そんな喪失感いっぱいの顔してるの。
「お前を自由にしてやれたことだけが、唯一の救いだ・・・・」力なく呟く凪。


ところが。
「バカな兄上」
りんの口から、思いもよらぬ言葉が。
「不動の言ったことは本当です。あの方は、本当に兄上をこの国の後継者にと考えていました」
どこからか、影村も現れる。
自ら父を手にかけたことがトラウマで(とはいわないけど、まぁ、そんなニュアンス)決して子は作らず、自分に良く似た男を後継者とすべくずっと探していたのだと。
そして、凪に目をつけた不動は、自分を狙うために強くなるよう、彼一流のやり方で凪を育てたのだと。
「俺は、お前を助けるために!」
「私とて、兄上をお待ち申しておりました。でも、村を流して嘆く兄上を見て悟りました、この人には、何も出来ぬと。この7年、兄上は何もできなかった。できたのはこの金山を見つけたことくらい」


りんは、神ノ岳の秘密に気付いていた。
あの、わらべ唄、

右の申(さる)、左(さ)に示し
右に「申」、左側に示編を持つ漢字は「神」、つまり神ノ岳を指し、
頂 すべって 蓋の穴
は、この地下金鉱に続く抜け穴を意味する。
そして、
鏡に映る黄金虫
は、湖に映る金塊を表しているのです!

興奮に目を輝かせて話し続ける、りん。
「私は、不動の首とこの国を土産に、織田の下に参ります」
「影村、この金山のことは他言無用です、もちろん、信長にも」

7年の間に、したたかな野心家になっちゃってたりん。
女って怖いってこと?
不動の下で暮らすうちに、お金と権力さえあれば自由を手に入れられるって思い始めたのかもなぁ。
お話がわかった上で観た30日、りんが「神の棲む山・・・・」って言い残して去っていく場面で、後ろを向く、その、ほんの一瞬、りんが唇の端をフッと微かに上げて妖艶に笑うのに気付いて、うわーーーーー!って、鳥肌立っちゃった。こん時には既に、心の中じゃ可憐な妹じゃなくなってたのかよー!みたいな。


自分の手で不動を討てなかったばかりか、
りんを救いだすために費やしてきた7年は、いったい・・・・。
何も映さなくなった瞳で、座り込んだまま、小さく歌いだす凪。

右の申 左に示
頂 すべって 蓋の穴
鏡に映る黄金虫
仏の昼寝(碑舟?)に天つ風 吹く
仏の昼寝(碑舟?)に天つ風 吹く


静かな、静かな声なの。
PZ2001のKAREのたどたどしい歌声でもなく、
TRUE WESTのオースティンの鼻歌でもない、初めて聴く智さんの声。
哀しくて、弱々しい声なの。
でもね、全然掠れたり息漏れしないの。
会場中が息を殺して聴いてる中、スーッと沁みて広がっていく歌声だった。
ずっとずっと、聴いていたいな。
この声、ずっと忘れたくないな。



そこへ、織田軍が押し寄せてくる。
金山の噂を聞きつけて裏切ったのか。
影村率いる不動軍と織田軍の激しい戦い。その中で立ち尽くす凪。
「凪!何をしている!?おりんさまを守ってお前も戦え!」叫ぶ影村。
動かぬ凪に業を煮やし「えーい!凪も一緒に切り捨てろ!」
騒然となる洞穴内に、徐々に怒りがこみ上げる凪。

「ここは・・・ここは俺が貰った山だ・・・・ッ!」
虱が凪にくれた大切な場所を、踏みにじるヤツは許せない。
めらめらと炎が立ち上るみたいな、激しい殺陣。
蛮風で、近藤さんと土方さんを殺された時の「ここは、俺たちが生きる場所だ!」って激しく斬り込んでいく総司の姿と、ダブる場面。

「お前らに、この唄の“本当の意味”を教えてやる!」
岩を駆け上がり、仏像を力任せに倒す凪。
轟音とともに激しい風が吹き荒れ、山が崩れ落ちる。


あの唄の意味、
「神ノ岳」と「鏡に映る黄金虫」のくだりは、りんが言ったとおりだけど、
「頂 滑って蓋の穴」は、抜け道ではなくて、
神ノ岳の洞穴の蓋になってる頂上部分が滑って崩落するってこと。
「仏の昼寝(碑舟)に」は、
1幕で虱が言ってたサルみたいな仏像を昼寝させる=横に倒す、或いは仏像の碑を、舟のように湖面に浮かべる・・・・どっちにしても、仏像を倒すと、って意味で、
そうすると、「天つ風吹く」、つまり、神風が吹き荒れて山が崩れ洞穴を埋めてしまうってことじゃないかと、私は解釈したんだけど・・・・どうだろ。


織田軍も影村はじめ不動軍も、そして隠し金山も。
すべてを埋めてしまった激しい土埃がおさまり、何もないところに残されたりんと凪。
山が崩れて埋まってしまった金山に取り乱すりん。
「何をしているのです、兄上!さあ、立って!早く金を掘り出さなければ!」
「あの金で、兄上と私で、新しい国を作りましょう!」
「二人でダメなら、人を雇って掘り出せばいい、金ならここにたくさんあるのだから!」
狂気じみた目でまくしたてるりんを、哀しく見ている凪。
登りきった山の頂は、岩だらけで何もない、そう虱が言っていたとおり、
友を失い、慕ってくれた部下を犠牲にした先にあったのは、こんなにも、虚しい風景。



ゆっくりと立ち上がり、ふらふらと歩を進めると、
振り向いて、剣先をりんにビシッと向ける。
「俺が、人を斬るのは、これが最後」
驚くりんに、剣を振り下ろす。
空をきった刀が斬ったのは「兄弟の縁」。

「お前は、もう、自由だ」

「もう、こんなものはいらない、俺には、これが、あればいい」
刀を捨て、友達の名前(風が破れて虱になった文字)が書かれた帆布を首に巻く凪。

静かに流れてくるBGMに、もう、ダダ泣き。
だって、これ、戦国風のテーマ曲なんだもん。
めざましどようびでゲネの映像を見たとき、エンタマ7の○の中の凪が風助さんみたいって思ったのは、正解だったんだね。
「俺は、風になる。空は、こんなにも、広い」
いつか、山頂で虱に言ったように、登りきった山の、その上には綺麗な空が広がっているのだから。
空を見上げる凪は、もう、風助の顔になってた。


<< 2/3 >>


Material:shape
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.