♪シアワセの種@まひろ♪の別館ネタばれニッキです
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2012.06.21 Thursday / - / -

アマツカゼ・覚書(ネタバレ記憶録)〜本編・その1

では、記憶にある限りの「アマツカゼ〜天つ風」を・・・・あらすじ+私の感想、ごちゃまぜです。


 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



幕が上がると、暗い群青色の照明。
「凪様 ご帰還!」の声と共に、舞台中央の階段状セットの上から逆光シルエットの凪が登場。
階段を下りてくる、その姿だけで近寄りがたいような圧倒的なオーラを纏ってるの。
影村(西ノ園さん)をはじめとする配下の者、そして山城不動(アツヒロ)も続けて登場。
凪、右手を白い三角巾(みたいな、ガーゼっぽい布)で吊って、担いだ刀の先に敵の大将の首の入った包みを結んでる。
険しい顔のまま舞台中央の一番手前でしゃがむ。
もうね、綺麗。
智さんの横顔と後頭部、大好き。
そして、開いた胸元の肌が!真っ白くてキメ細かくてものすごくキレイで・・・。
でもね、たぶん、その瞳に映ってるのは客席じゃない。
凪の、瞳だった。
「信長の軍を、たった一人で片付けたとは真(まこと)か」問う不動、無言の凪。
「不動様が尋ねておられる!」怒る影村を「まぁ、良い、いつものことじゃ」と制して、腕の怪我について訊くと、初めて凪が口を開くの。
「ほんのかすり傷にございます」・・・・初めて訊く凪の声なのに、記憶が曖昧だぁ(><)でも、たぶん、そうだったはず。押し殺したみたいな低い声で、すごく男っぽいの。
「あの軍勢相手に腕一本で済むとはたいしたもの。褒美に、我が妻・りんとの拝謁(はいえつ)を許そう」
ハッと顔をあげる凪、階段上部からりん(星ちゃん)登場。めちゃめちゃ綺麗。
振り返り、りんを見上げる凪。そっと近づく後姿がね、さっきまでとは全然違うの。
後姿と歩き方だけでも雄弁な智さんのお芝居、ほんとにすごい。
りんの傍に立つや否や、りんを退けバッと三角巾を剥ぎ捨てた凪の右手には短刀。そのまま不動に斬りかかり「山城不動、討ち取ったり!」・・・・・・と思いきや、それは影武者。
出てきた本物の不動に取り押さえられる。
「また泣くか?ワシの配下であることを辞めるか?」
不動、圧倒的に優位、憎憎しいまでの余裕。
搾り出すような凪の「辞めぬ・・・辞めませぬ・・・ッ!」キッと睨みつける目に、一瞬、不謹慎にも“うわ、蔑まれたいッ!”と思った私(ドM)
今日の戦の功の褒美に、侍大将に任命される凪。

    *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

さきほどの不動との闘いで負った腕の怪我を庇いながら舞台下手に座っている凪。
上手から陽炎(まりかちゃん)が現れる。
一瞬警戒するも、陽炎だと分かると少しだけ(ほんのすこーしだけ)表情が和らぐ凪。
凪のことを「若」と呼び、怪我に薬草を、滋養にと腰の包みをとかいがいしい陽炎に「誰が見ているかわからぬだろう」と邪険にする凪。
懐から、(おそらく)小判の入った袋を投げてよこし「礼だ。これ持ってさっさと立ち去れ」と背を向ける。
「今日の戦で俺の退路に爆薬を仕掛け、敵を阻んだのはお前だろう、ったく余計なことを・・・・」
私たちの仇である不動がくれた金など受け取れません、と陽炎。
「なぜ若は不動の配下にいるのです!?」
「獅子身中の虫だ」と凪。どんな敵も、身内となったほうが崩しやすい。
もう、俺は若でもない、お前の主でもないと拒み「主であると思うなら、主として命じる、俺に構わず自由に生きろ」と言う凪に、自由にしていいのなら、これからも若をお守りします!と返す陽炎。
「・・・・ッ!好きにしろ!」って立ち去る凪がね、やっぱり、陽炎にはちょっぴりだけ違うの。笑顔なんて見せないし苦虫噛み潰したみたいな顔のまんまだけど、心の奥底では違うっていうのが声と眼でわかるの。智さん、すごいなぁって思う。


   *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

残された陽炎。
舞台下手から、笠を被った僧侶がふら〜っと登場、陽炎の上に重なるように行き倒れる。
空腹で死にそうな僧侶(仁雷・武田さんv)に、若にあげるはずだった握り飯と水を、野犬に噛まれた傷に薬草を、しょうがないなぁといったふうに与える陽炎。
その優しさに「あんたは俺の観音様だぁぁーーー!」と惚れちゃった仁雷。
このへんの武田さんの台詞回しと間が最高!
あの声、ずるいよねぇ、ヒトコトしゃべるだけで面白いんだもん。
陽炎の名前を訊ねたときの
「あの、虫の?」手をぱたぱた
「違うわよッ!」
「じゃ、じゃぁ、あのゆらゆらするヤツ?」ってくだりで、
29日にはマチネもソワレも「あの、海面温度と空気の温度の差が原因で起こる〜」ってヌゥベンちゃん(@戦国)みたいな豆知識披露をやってたのが、30日マチネではなくなってた。あれ、好きだったのにな。(追記:千穐楽では、やってたv)
まりかちゃんとのやりとりもハケるときの独白も、笑ったわー^^

   *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

不動の元に、占い師と名乗る老人(きださん)が訪れる。
先のことが見える、という占い師は不動に死相が出ていると告げる。
決して山には近づくな、と忠告する占い師。
「山に月、二つ現れるとき」死が訪れる、そしてそれは“獅子身中の虫”による、と。
このときの智さん、終始表情を殺しているのだけど、獅子身中の虫、と聞いて、ちょっと表情を変えて下手から上手へ、不動を睨みながらゆっくりと移動するの。(後で思い出すとかっこえぇ〜〜)
「山に月二つ。ならば、ワシは死なぬ・・・・・・・何故なら・・・・・・(いきなりトーンが変わる)月は1つじゃ♪」
アツヒロ唯一のお茶目さんな場面。1部より2部、2部より翌日、とどんどん「1つじゃv」のるんるん度がUPしてたよーな^^ヾ
後は、影村との「顔、近いよ」の場面くらいかな、不動がちょっとくだけるのって。
不動が去った後、占い師に話しかける凪。
「いくつだ?干支は?生まれは?」とどんどん攻めていき、押さえつけて「笑ってみろ」と迫る。笑った口元を覗き込み「60(歳)にしては歯が白いな、そして全部残っている」と変装を見破る。
冷静で、非情。凪、めちゃめちゃクール。(何度も言うけど、思い返すたびにカッコイイ)
 
    *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

場面変わって「またまた俺参上」な仁雷。
「お前が凪か!?」と凪に襲い掛かる。
「“凪”というのは、不動が戯れにつけた名前、俺に名はない」
「では質問を変えよう。先月、雷雲寺を襲って皆殺しにしたのはお前か!!?」
お布施を不当に巻き上げて酒と女に明け暮れ、あげく武装した僧侶たちを斬った凪を、
師匠と兄の仇として討ちに来た仁雷。
凪の刀が仁雷の首下近くにピタリと決まる。
「俺が目的を果たしたら、その時は喜んでお前に斬られてやる」。
そこへ陽炎登場。若を逃がし、仁雷と戦う・・・・・が「あれぇ!?観音様!!?}
再会を喜び、初めて女に優しくされて惚れちまった、なんでも言うこときくから夫婦になってくれ!と縋る仁雷。
何でも言うことをきいてくれるならば、金輪際、若の命を狙わぬこと!若に手を出したら、私も死ぬから!・・・・・陽炎の一途な想いがぐっとクるシーン。

    *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

階段の上から、歌いながらりん登場。

みぎのさる さにしめし
いただきすべってふたのあな
かがみにうつるこがねむし
ほとけのひるね(ひぶね?)にあまつかぜふく・・・・・



今は亡き不動の母が歌ってっていた童唄。
りんの歌声を聞くと心が和む(歌う姿は母を思い出す、と千秋楽では加わってた)と微笑む不動。
「外に出たいか?」「・・・・わかりませぬ」
・・・・そうなの。不動はりんのことを大切に想っているようだし、りんだって、まんざらでもなさそうなの。
凪があんなに必死になって助け出そうとしてるわりには、妹はそんなに嫌がってなさそうなのが釈然としないなぁって、ちょっともやもやしちゃうんだよね;;;

そこへ、影村の声。
頼んでいた鉄砲が届いた、とのこと。
これで、織田軍を攻め落とせるとよろこぶ不動。
それに先立って、神ノ岳(かみのたけ〜のたけ、の漢字はわかんないんだけど)を攻略したい、と。
神ノ岳には風神が棲むから近づくなと言われている、とビビる影村に、お前ではなく凪を行かせる、と言い残して去る不動。
「不動様の気まぐれには胃が痛みます」とぼやく影村に「お前はわが軍の要。身を労わらなければ、胃を腐らせてしまうという核の病になってしまいますよ」とりん。
影村が去った後、「神の棲む山・・・・・」と言い残し、りんも退場。

    *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



スポンサーサイト


2012.06.21 Thursday 23:27 / - / -

Comment

まひろ / 2008/04/09 22:51
hotaruさん、いらっしゃーい♪
記憶はねー、やっぱ智さん絡みになると、火事場の馬鹿力的な!?
ってか、「普段の生活見てたら」って!
いやいやいや、アナタにだけは、言われたくないわぁ(爆)
hotaru / 2008/04/06 03:11
文字起こしお疲れ〜

つーか、良くそんなに覚えてられるね!?
普段の生活見てたら・・・・??なんだけどw
やっぱり、大野くんパワーww
私多分百回見ても覚えられない・・・

でも、私も感じた事、思ってる事が全て細かく書かれてて嬉しいよ〜
自分じゃ思ってる事が上手く文章にできないんだも〜んw
それに、見てない将来ファンになる人がこの記録を見つけたらかなり嬉しいと思うんだよね。
私もこの前「センゴクプー」を詳細に書いてくれてるのを見つけて嬉しかったから。

もうちょい大変だけど、最後までよろしくね♪
(メッチャ他力本願w)

ガンバ!!★


Material:shape
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.