♪シアワセの種@まひろ♪の別館ネタばれニッキです
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2012.06.21 Thursday / - / -

ARASHI 10-11 TOUR @国立 2010/8/21&22 MC覚書

 あれからもうずいぶん経っちゃって、ちゃんとしたMCレポも各所で出揃ってるんだろな〜と思いつつも、ま、あとあとの自分の楽しみのために断片的だけど覚えてるとこだけ。
といいながら、22日はほんと記憶が飛びまくってて個別エントリで上げられるほどのものではないので、まとめてこそっと紛れこませようかなと^^ゞ


21日 MCその1

日焼け
リハーサルがとにかく暑くてすっかり日焼けしちゃったメンバー。
雅紀は「グッズのタオルずっと被ってたけど、あれじゃ紫外線避けられないから!」
「そんなこと言うなや!」「みんな買ってくれてんのに!」と末ズからダメだし。
リハの間中、化粧水の切り吹きボトル(手でサイズ表してたけど720mlくらいありそうだった)をシュッシュと顔に吹き付けてたそうで「だって、乾くと顔がバリッバリになるんだもん!」
みんな同じように炎天下にいたのに、帽子がぶってただけの翔くんはほとんど日焼けナシ。
智さんと雅紀は焼けてるよね、って話しになり、雅紀は「リーダーはいつでも俺を仲間にしようとする」って。髪を染めるときも、雅紀にもっと(一緒に)茶色くしなよって言うし、今回も雅紀にもっと黒くなれって言うんだって(笑)
「だって、相葉ちゃんがいちばん(日焼けの)素質があるかなって…」
「聞きてぇのは、大野智は顔痛くないのかってこと!」
「それは、日焼けしてんですか?」
「もう、日焼けし終わってる」
「日焼けに始まるとか終わるとかあるんですか!?」
リーダーがどんくらい黒いか検証しようということになり「こっからあっちへ歩いてってみて?照明さん、大野さんのこと追わないで」
アリーナを横切る花道をどんどん端っこに後退する智さん・・・たしかにちょっと外れると闇にまぎれそう^^ゞ 花道を照らしてる青い照明に青黒く照らされて検証終了^^ゞ


カレー
今回のリハはドラマと映画で忙しい末ズがあまり出席できなかったので、3人でがんばってたんだけど・・・。
「なんか、振付もせずにカレーだけ食って帰ったって聞いたんですけど?」
3人でずっとやってた日に「午後から翔ちゃんがZEROで抜けたの。そしたら全体の士気が下がったんだよね〜で、リーダーにどうする?って聞いたら“とりあえず、カレー食おう”って言うから。で、カレー食べたら“お疲れ様でしたぁ〜”っつって。たまたまですよ!」
そのチームカレーは振り固めの日に間違った振付で固めちゃったから、間違ったまま踊ってるとバラされてた^^ゞ


21日 MCその2
智さん不在中の雅紀持ち込み企画。
ジャニーズ超イントロ当てゲーム―――ッッ!
ということで、メインステ上手からスタッフさんが机とフラッグを運んでくる。
それを、傾斜のついた花道の真ん中あたりに運んでよっこらせと設置。
「相葉さん、これ、明日はあそこ(花道脇)から出しましょうね」ごもっとも!)
当然、雅紀も参加。「俺がやりたくて持ち込んだんだもん、司会しながらゲームにも参加する!」
花道へ向かうメインステでこちゃっと固まって構える4人。
花道はすでにけっこう濡れてて足元が危なそう。
「怪我しないようにね!」「俺、こんなとこで怪我したくないなぁ(苦笑)」←そりゃそうだ、大雅くんがいきなり松葉づえじゃシャレになんないもんね;;
♪第1問
潤がそーっと(笑)ダッシュ。「きんききっずでぇ、“KISSからはじまるミステリー”?」正解
すげぇすげぇと感心するメンバーに「だってこれ200回以上おれら踊ってんじゃん!」
私も、わかった! きんきで一番好きな曲だし、ファンになった当初、智さんがバックで踊ってるかもって思って昔のビデオ捜してそれこそ200回以上見てたもん。
♪第2問
わいわい言ってるうちに、サトさん登場。
「あ、リーダー帰ってきた!じゃ、これ最後の問題ね」「(会場)えーーーーっっ!」「わ〜かったわかった、じゃ、あと2〜3問やる!」(←ユルい!)
わかりそうでわからないメンバー。
智さんが、促されて自信なさげにてってってっと旗を取りに行く「ぶい6の・・・ぴーぷる?」:不正解
正解は「ぶい6・Music for the Peaple」。でも、智さん、わかってたよね。コンサートのバックでつくときとか、次の曲はぴーぷるね、みたいに略されてるんだね、あれ。
♪第3問
翔くんが滑りながら走ってフラッグ取ってから、考える。「ときおのぉ・・・宙船?」不正解
雅紀が「あれでしょ?LOVE YOU ONRY!」正解
「あ”〜ッ!そうだそうだ! 俺、超好きだったんだよ〜“ツヨシしっかりしなさい”!」   (アニメの主題歌だったよね^^)




21日 MCその3
月が綺麗
バクステ上空に、お月さま。ちょっと不完全なんだけど、透き通るように綺麗。
「きれいだね〜」なんてメンバーみんな見上げてたのに、智さんたら「おれ、アレ(バックスクリーンに映ってる)が本物だと思って、うわ、でっけぇなぁ〜ってずっと思ってた!」なんでですか!? いくつあるんすか、月!」「なんなら前なんていっぱいありますよ!」


   *・゜゚・*:.。..。.:*・゜



22日 MCその1
櫻葉自主練
リハのあと、振付の自主練を雅紀がやっているのをみて、テンション高めに参加した翔くん。
「だから、俺ら今日は完璧だよな!」言うなら、すでに二人に関しては2公演目ですから!」
・・・とかいいながらも、相葉さんけっこう随所でやらかすらしく、「れっとみーだうんで相葉ちゃんの肩に手をやって構えないといけないのにこの人、一人でしゃがんでて、なんだこの人!?と・・・」とか「テンション上がって人のパート歌っちゃって、それをお客さんに見つかって指さされて笑われて、そしたら相葉さん、そのお客さんに“しーっ!”って(人差し指を口に)やってた」などなどいろいろ暴露される。

シゲさんと釣り
智さんが、シゲさんと釣りに行く話し。
こないだは、智さん、全然釣れなかったって言ってたかな・・・。


それはタブー
「あ〜そういえばきのうさぁ〜・・・」って、話し始める翔くん。お友達から『今、空港のレストランでT.A.B.O.Oが流れています』って報告メールがあったらしく、さすがにレストランでは唐突だろう、と。「あ、カレーください」「すみません、それはタブーで・・・」って、大好きなくだりをここでもひとしきり(笑)


末ズ撮影中
ニノのドラマは夏虹と同じスタジオで撮ってるらしく、スーツ姿のニノがひょこっと顔を出し、役柄を知らなかったので「え?就活?(笑)」ってびっくりした潤ちゃん。「竹内さん、あっちにいるよ〜?」って教えてあげたら「知ってる。もう、話してきた」としれっと。潤の方が“ついで”だったようだと。

22日 MCその2
2日目のイントロクイズ、やはり机はメインステ上手から出てきたけど、今度はメインステ上に設置。
本日は「嵐イントロ当て」で。
「これはマツジュンが有利でしょ〜」なんて言われながらも、間違ってショック受けたり。
何問目だったかな?「ばぶる」だったの。
それを答えるときに、ニノが「え〜っとね、あれだ!都市メドレーの1曲目!一回しかやらなかったヤツ!」って。
その、ニノの答え聞いて「あぁ、ばぶるか!」ってピンとくる私と相方。
そう、あのときのコンサート、初日でやったときいてすごく楽しみにしてたのにすぐにセットリストから消えちゃったばぶる・・・でも、最終日のサプライズで、潤が急にやろうって言って、私、その時に入ってたからすごく嬉しかったの。智さん、完璧に歌ってて、潤から「よく覚えてたね」って褒められて照れくさそうに「好きだから、これ…」ってはにかんでて、色っぽい歌声の直後のこのかわいさはナニ!?ってむきーってなったのが、一瞬のうちに走馬灯のように思い浮かんだ。(回想、長っ!)
その後、「都市メドレー」に関して、櫻井解説員より詳しい説明もあり(笑)




ARASHI 10-11 TOUR @国立 2010/8/21&22 覚書 その4

 国立後期日程・・・始まったなぁ。(ただいま、5時半)
今日もまた、リハーサルはハンパなく暑いだろうなぁ・・・なんて洗濯干しながら空を見上げたりしてたの。
後期日程前に仕上げようと思ってた覚書だけど、結局、コンサート始まっちゃた^^ゞ
なので、彼方にココロを飛ばしつつ、私もあと少しの脳内再演を・・・。


To be free
ご挨拶のあと、センターステに横並びで。
シングルとしては地味かなぁと思っていたけれど、全体的に男くさい感じの攻めてたアルバム曲と混じると、なんかけっこう馴染みがいいんだね・・・って発見。
智さんのフェイク、力強い^^
途中から各所に散って、それぞれがリフターに。


空高く
特に書いたことなかったんだけど、実は、アルバムでTOPを争うくらい好きな曲なの。
翔くんのラップ聴いてると、なんか毎回こみ上げてきちゃうくらい好き。
だから、これ聴けてすごく感激したの。
アリーナ5箇所で上昇したリフターはメンバーカラーの電飾で彩られててとても綺麗で。
私の頭の中では、このときの衣装が渋めのラメ入りのスーツ(智さんは深い色味の赤紫・茶系の長い長いストールが風にたなびく)なんだけど、そうなるとどこで着替えたんだ?ってことになるんだよね、あれぇ??? (あとで、他の方のレポ読んで答え合わせしなくちゃ^^ゞ・・・とりあえず、盛大な思い違いかもしれないけど、その衣装の脳内映像のまま書いちゃう)
21日、智さんの乗ったリフターが目の前だったの。
距離はあるけれど、せりあがったリフターの上の智さんと私の間にあるのは空気だけで。
まっすぐ、ひたすら、歌ってる智さんを見つめてた。
曲途中で、ミルク色がかった今回のライブのイメージカラーの風船が舞い上がって。
地上から吹きあがるように無数の風船が智さんを取り囲んで、舞って舞って、夜空へと散らばっていくのが、夢みたいに綺麗で忘れられなくて。
22日は、5人の歌声を聴きながらひたすら風船を見上げてた。キレイだったなぁ・・・。
ニノは飛んできた風船(しかも、黄色!)をキャッチして、自分のソロパートで歌わずに「ねぇ、すごくない!?」って嬉しそうにモニターカメラに風船見せてくれた^^



★★アンコール★★

Still...
大好き! イントロ流れた瞬間にうぁぁ〜って。
アンコールはいつものようにツアーTシャツをアレンジしてあるんだけど・・・。
なんと! 初めて!!
さとしさんがランニング仕様――――.+:。(≧∇≦)゜.+:。
いつもガード堅めにふつうのTシャツ仕様だった智さんがまさかの腕だし!
翔くんみたいにタンクトップって感じじゃなくてね、肩んとこ広めで、で、脇もけっこうゆったりめのランニングシャツっぽい感じなの。
がっつり二の腕出してるぅぅぅーーーー逞しいのに柔らかそう〜〜〜男前なのに色っぽい〜〜〜(でも、ちょっと小学生の夏休みっぽい瞬間もあり^^ゞ)
21日、ここでだったかな? 月がきれい〜って潤が言うんだけど、私の位置からは見えなくて・・・。ほんとに月がキレイで、13夜くらいだったのかな、まんまるじゃないのがかえって素敵だったの。
ファイトソング
基本的に、ちゃんと歌う気、ないよね(笑)もう、楽しいんだもん!お祭りだぁぁ!
Beautiful days
バクステ側の長方形リフターが高くせりあがる(ハダシとかでも乗ってたけど、もっともっと高く)。
曲途中に花火が神宮側で上がって、5人が見上げて「花火、きれいだね〜」って言いながら歌ってた。
私の位置からは見えなくて、向かいのビルの窓に映ってる打ち上げ花火を見る。
神宮の野球の花火かなって思ってたけど、2日目も絶妙のタイミングで上がったし、そもそも野球、なかったしで、ちゃんとコンサートの演出だったんだね〜って。
もんすたーの時の特効花火は嵐くんたちは見られないからさ、こうやって5人が並んで、お客さんと一緒に、2010年夏の花火、見られてよかったよね・・・ひょっとして、5人にも花火見せてあげたい、俺らも見たいってことで、ここで花火だったのかな^^
サクラ咲ケ
感謝カンゲキ雨嵐


★★ダブルアンコール★★
Love Rainbow
この前の夏虹で、2番まで流れた(よね?)のは国立予習用だったのかな。
モニターに歌詞が出て、はじめて♪なな〜いろぉ〜の、のあとが「フレーズ」だったと知る(爆)なるほどね!
この曲、好きだなぁ・・・しばらくはドラマ見ても、このときの楽しそうな5人と湧きあがる会場を思い出すんだろうな。
歌番組も楽しみだけど、この風景の記憶、しばらくは上書きしたくないな。
22日、歌い終わって、ばいば〜い!ってハケるときに、いったんひっこんだはずの智さんが何度もひょこっと出てきて、メインモニターいっぱいに智さんの顔と、背後に雪崩顔で見つめる翔さんが映し出されて、きゃぁぁぁ〜〜゚・*:.(`・3・´*)人(*´・∀・`)。:*・゜やま―――!・・・・という叫びで私の夏は幕を閉じました・・・。ありがとう、山!


   ・・・なんか、ちっとも纏まらないけど、総括感想も書いてないけど、
   とりあえず、UP!
   本館にお引っ越しするときに、感想とか、追記できたらいいな。



ARASHI 10-11 TOUR @国立 2010/8/21&22 覚書 その3

 Come back to me
潤ちゃんソロ。
メインスクリーンに宇宙系ゲームの画面みたいなのが流れて、上手からワイヤーで吊られた潤が宇宙遊泳風に登場!
蛍光黄緑×白の宇宙服みたいな衣装で、21日はおそろいのキャップと黒いサングラス…顔ちっちゃ!
でも、ちっちゃすぎてあんま顔が見えないの、もったいないなぁ〜って思ってたら、22日はキャップもサングラスもナシになってた。
22日のオープニングで“おぉ〜!潤ちゃん今日はポンパだぁぁ!友達に教えてあげなきゃ!”って思ったの(お友達はポンパ潤が大好物)。ソロでキャップなしにするからポンパだったのかなって。
スクリーンのゲーム画面と連動して“敵”をやっつけてく潤。巨大なニノの顔のコインもゲット。
ゲームのステージ1をクリアしたところで、ステージ2は「Come back to me」の表示!こっからソロ曲スタート。
地上に降りてワイヤー外して踊ってた…Jr,もシルバーの宇宙服風。
22日はゲーム画面がちょっと短めに変更されてたような・・・。


Magical Song
潤ソロ終わったら間髪いれず今度はバクステ方面で「キャー!」って。
このイントロは雅紀だぁぁ!
スクリーンにアップになった雅紀のサングラスに、赤い文字で“Magical Song"って文字が流れて、爆笑しながらテンション↑↑↑
もうねぇ、インチキマジシャンみたいなカラフルな衣装もカワイイし、「♪そん・そん・そん…」ってとこでマジシャンみたいに手をぐーぱーぐーぱーするのもカワイイし、衣装がぴかぴか電飾で光るし、すっげぇ楽しいの^^
も、アホカワイイの極み!(すっげ褒めてる。雑誌で本人もアホっぽいって言ってたからいいよね?)
イメージ的には智ソロと順番が逆なんじゃ?と思ってたけど、そっか、電飾だから暗くなったこの時間帯なのか、と。
後から、あの楽しさってナニかに似てる・・・と考えてたんだけど、あれだ。ディズニーの夜のパレードのグーフィー! グーフィーっぽくない?


PIKA★★NCHI DOUBLE
「♪さ〜わぎ〜だす〜」の腕そよそよの振りをやると、すごいテンション上がるよねv
Love so sweet
言葉より大切なもの

お決まりの煽りで裏拍で腕振り上げるとコンサートだなぁ〜ってテンション上がる。
「ここにはぁ?」
あるから――――ッッッ!」も気持ちイイよね^^
Believe


★★ARASHI SHOW TIME
★★
センター⇔メインの花道途中におもむろに翔くんが登場。
「Ladys&Gentlemen、Boys&Girls.  It's SHOW TIME!」っていうのを「??」と聞きながらもほんとに客層がその言葉どおりになってきたなぁ〜とも思ったの。
で、???のまんまメインスクリーン見たら!
上手上空で潤が、ワイヤーで吊られてる―――!? MJウォーク!
と思ったら、下手上空から誰かが吊られて出てきた――雅紀だぁー!
そのまま、空中ブランコ風に回転しながらのパフォーマンス。足の裏同士をくっつけたりして、あれ、下の雅紀、頭に血が上ってキツイだろうなぁ〜すごいすごいーって。


で、やっと、そっか「サーカス」なんだ、これ!って気づく。
曲調がマイナーだから、スクリーンに映ってるサーカスの色合いもちょっぴりセピアトーンでうらぶれた感じなの。 


そしたら。
そしたらね! 智さんが…!
上手側で片手片足をロープにかけて、金色の傘を手にすすすーって吊りあげられて、ぶら〜んって!
吊りあげられていく智さんの周りの空気だけ哀しいまでに綺麗な感じがするの。
大きな傘を広げているからきっと見た目より風の抵抗を受けて筋力がいるはずなのに、傾いた身体がまっすぐに背筋(せすじ)が伸びてて美しくて・・・。
ロープ掴んでる腕は男っぽいのに、たおやかで儚げなの。
なんでちょっと吊られるだけなのに、一瞬にして「物語」を感じられる空気にしてしまえるんだろう智さんて。
また衣装がね、素敵なの…全員モノトーンなんだけど、智さんは両肩に黒いチュールレースみたいに透けたちっちゃな悪魔の羽みたいなの(コウモリの羽っぽく骨組みされてる)がちょこんとついてるの!
で、それがとっても似合ってるくせに、吊られてるときには、一瞬、前はだけて羽織った和服の裾がひらひらするのが見えるような気がするの…←ロープアクションといえば、そういうイメージがしみついてるせいかしら;;;


サーカス
正方形の骨組みだけが斜めになったみたいな装置に、センターでニノが腰かけて吊られてくの。
で、時間差で、上手側からまさきとさとし、それから下手側で翔くんと潤が同じように。
ゆっくりときらきらくるくる回転してる、このセットごとモビールにして部屋に飾りたい〜〜っっ!
CDで聴いてるだけでは、どこか惹かれるんだけど地味な印象だったのが、コンサートの演出で好きになる曲って意味では、「君は少しも悪くない(@HWGコン)」と似てるかも。(あの戦隊ヒーローみたいな衣装でウエディングケーキみたいに段違いでせりあがって、てっぺんの智さんが目を伏せて動きを止める一瞬がそりゃもう人形めいてて、これをまるごとオルゴールにして売ってぇぇ!って思ったんだよな―・・・。)


★★
アクセントダンス★★
メインステから並んでセンターに歩いていくその途中で、耳慣れた「りまーかぶる」や「truth」「明日の記憶」のリミックスが!
もうねぇ、「truth」流れるときゃぁぁぁ!って思っちゃうから!心臓バクバクしちゃうから!思わせぶりに流さないでよぅ〜(苦笑)
アクセントダンスに千手観音・・・あぁこれこれ!この感じ!この流れ!懐かしい嵐のコンサートだ!って嬉しくて。MCのぐだぐだなイントロ当てゲームも併せて、ほんとニノがご挨拶で言ってた「嵐クラッシック」だなぁって。


Monster
センターステにて、がっつり♪
特効火柱もぼんぼん上がって、やっぱりガシガシ踊る嵐はめちゃめちゃカッコイイ〜〜〜っっ.+:。(≧∇≦)゜.+:。
サーカスっぽいと思ってた衣装が、とってもモンスターっぽかったんだと気づく。
カメラワークに邪魔されることなく、ひたすら視線は智さんにロックオン。モンスター1曲まるまる智さんだけを見つめていられるしあわせ・・・コンサートも終盤なのに、疲れたふうもなく指先からつま先まで完璧…☆*°
22日は米粒みたいな後姿だったけど、それでもひたすら肉眼でガン見・・・あの、魅惑の腰つきは後ろからお尻を見ていてもやはり流れるように魅惑的でございました…(〃∇〃)♪
メインステ後方から、噴き上げ花火!
「あの花火、俺たちは見られないんだよね」「しかも大サビで一生懸命踊ってるのにお客さんみんな花火見てる」って、雑誌で智さんが言ってた、あの花火が今年も^^ゞ
すごく計算されてて、Monsterの終わりの♪ジャン・ジャン…のとこが、花火で♪ジュワ・ジュワ・・・になってた。


ご挨拶
曲終わって、上着(モンスターっぽい装飾がついてたのはJK部分だったらしい)を脱いでブラウスシャツに。
智さん、黒のフレンチスリーブなのv 二の腕が逞しいのに、肩から上は可愛いのv


ご挨拶は、詳しいとこはちゃんとしたレポサイトさんにお任せして、私はざくっと覚えてる内容だけ(書いてるのは21日のご挨拶。けっこう覚えてるかなと。22日はもう、なんか記憶がぶっ飛んじゃって・・・背中で話してるメンバーの挨拶の間中、正面スクリーンに映ってる顔をじっと見上げて聴いてる智さんがとても印象的でそればっか見てたせいかな。)

翔くん:
去年からたくさん「おめでとう」って言ってもらったけど、僕たちは、数字とかじゃなくて、聴いてくれる人に届けばいいなという想いでやってるから。
周りが喜んでくれる、スタッフ
が喜んでくれる、ファンのみんなが喜んでくれる・・・だから、嬉しいなって思います・・・。

智さん:
今日はどうもありがとうございました。
みんなの顔見ながらやっていて、ホントにみんないい顔してますね。
見てるとこっちも元気になります。
・・・・毎日しあわせですわ。
ふつうはなかなか味わえないことをやらせていただいてるなって。
最近すごいどんどんそういう気持ちを感じ始めて。
お仕事もすごい楽しくやってれば、みなさんに通じるんだろうなと思いながら、毎日何事にも楽しんでやってます。今日も楽しんでできました!
ずっと。この空間に一緒にいましょう!
今日は本当にありがとうございました。
智さんね、マイクを両手で大切そうに握って、ぽつりぽつりと話してくれたの。
流暢じゃないけど、ほんとうに、思ってることをシンプルに伝えてくれる智さんのご挨拶は、心にまっすぐに届いてたいせつでしあわせで・・・智さんの「・・・毎日、しあわせですわ」に、ちょっと泣いちゃった。
この人が心からしみじみとそう思えていること、誰にありがとうって言ったらいいかな。神様にも、智さんの周りの全ての人にも、いろんなもの全部くるみこんでそう言える智さんにも、ありがとう。あなたがしあわせなら、それだけでいい、願う事は、そのしあわせが続くことだけだよ。
それにしても、もうすぐ30歳の男性なのに、お目めきらきらうるうるさせながらマイク両手て!「“お”仕事」て!しかもなんの違和感もなくそれがかわいいって!?

プレゾン2001の智さんの楽日の挨拶で「6月からずっと“お稽古”がんばって・・・」って言ってヒガシから「“お稽古”^^」って突っ込まれながら会場中から微笑ましく拍手されてたこと、思い出しちゃった。


雅紀:
全方向に丁寧に頭を下げるのが、とても雅紀らしいよね^^
ずっとこの先こうやってコンサート続けていけたらいいなと思うけど、神頼みするんじゃなくて、1つ1つ目の前にある仕事をがんばっていきたいと思います。
今日やって思ったのは、嵐って5人じゃないんだなって。ここにいるみーんなや嵐に関わってる全ての人が一緒になって嵐なんだなって。
だから、厳しい芸能界、一緒になって乗り切っていきましょうッ!


ニノ:
(雅紀の話を受けて)
そうなると、嵐の人数はえーけーびーをはるかに超えることになるわけで、総選挙がないことを祈るばかりです(笑)
コンサートしていてすごく懐かしい感じもしました。4〜5年くらい前のコンサートってこういう形の形式だったなって。
新しくファンになってれた人もすごく多い中で、こういういわゆる嵐クラシックというか、そういうスタイルを見ていただくのが『変化なき変化』なのかなと。この風景をみなさんと一緒に見たかったんだと思います。

ソロも5人バラバラで
〜なんか一人、光ってる人いましたけど・・・
(雅紀、わーるーぐーち!って抗議)
いやいや違う違う、ホントに何でも一生懸命やることは素晴らしいんだなって。
とにかくホントにあの「メディカルソング」には・・・マジカル!感動しました。
嵐ってすげえ、個性がある人たちが集まるのに。
だけど5人で揃うときれいな丸を描く
グループだなと思いました。


潤:
(ニノに)もう、(話が)締っちゃったね。
・・・って、あれぇ?潤のご挨拶の記憶が飛んでるや(><)ごめんなさい〜(><)

のこり、あと少し!





















ARASHI 10-11 TOUR @国立 2010/8/21&22 覚書 その2

1つのエントリ―でまとめたいと思ったんだけど、なんだかだらだら長くなっていきそうなので、分割。
その1の続きから・・・。


HERO 
T.A.B.O.O
そうきたか――――!な翔ちゃんソロ。
潤と翔くんがレディ・ガガのライブに行ったって聞いた時に、衣装とか見せ方とか潤がインスパイヤーされてクるんじゃないかと思ったんだけど、翔くんの方だったのか、と。
メインモニターのイントロ映像は、ハダカの翔さん(半裸だと思うけど!←当然。っつか、そこは追求する必要ない)の肩バックSHOT。
鍛えられた僧帽筋と目を伏せた横顔がせくしーで、「最後の約束」ポスターをぜひコレでいっていただきたかった!と。
そして、拳の腕や舌に英字メッセージ。
女性がらみの直接的な雰囲気ものじゃなくて、一見攻撃的な映像。でも、見る側のエロ妄想スキル(どんなスキルや^^ゞ)によってはむちゃくちゃえろい、と思うの。
赤×金の“マドンナがナチス将校をやったらきっとこんなだろうなー”的な衣装。
ゴリゴリ踊る翔くんは、エロカワイイ♪
ラスト、ばたんと大の字に倒れて終わるんだけど・・・


let me down
その翔くんと、会場の「きゃーっ!」に気を取られてちゃ、ダメなの!
下手側のムービングの上で、間髪をいれずにこの曲が始まってるの!!
そう!あの、わっる〜い感じのさとしフェイクを聴き逃しちゃダメなの!私、両日ともうっかり半分以上聴き逃したの(><)えーーーーん(><)
深い色目の渋めのラメが入ったスーツで、智さんはえんじ色に近い紫色。首にかけた長い長い茶系のシフォンスカーフが翻ってそれがむちゃくちゃ大人っぽくて素敵なの―――っ*・゜゚(〃∇〃人)。.:*・゜ ←どうもつらつら思い出すに、この時の衣装、これじゃない。こん時の衣装はグレーっぽいネイビーのコートJK(袖口メンバーカラー&背中にメンバーカラーで各自が考えたヒトコト刺繍入り)だったような・・・
ちなみに、21日MCでも披露されてた、その一言は(紹介順に・・・)
翔くん「Rock The World」
(本人も言ってたけどワールドカップのキャスター時のグッズの真っ赤な手帳にも書いてあったね、これ。あの時、翔くん自身も取材ノートとして赤手帳持ってて、ダークスーツによく映えてたなぁ)
潤  「Higher & Deeper(すごく潤らしい!)
ニノ 「The landscape I'm seeing」 たぶん、英語はこれだった。アルバムタイトルを英訳したもの。「一人くらいはこれじゃないと、と!」
智さん
「Switch on!」智さんのスイッチ、背中にあったのね・笑)
雅紀 
「I Love Chiba!」(ちなみに、「!」の上ンとこは千葉名産のピーナッツの形になってんの。ニノに「それ、なんていって発注するんですか!?」と訊かれて、そのまんま「びっくりマークの上は、ピーナッツの形でお願いします!っつって言ったの」って^^)


kagero
下手からセンターステに移って、丸いステージの円周で歌って踊る。
そう、踊るのこの曲。しかもけっこうフルで。ちょっと意外・・・智さんの振り付けなのかなぁ〜どうだろわかんないけど。
あとで末ズが、ちゃんと踊れて良かった〜って話しをしてたときに潤が「おれ、kageroなんてめちゃめちゃ怖かったもん!」って言ってた。


Oh Yeah!
バンド紹介がここであるんだけど、智さんは今年も「なんちゃらかんちゃらスパストリングス〜!」の担当で。
噛まずに言えて、にのにこそっと褒められてた(笑)


Lucky Man
One Love
ココで書くのも違うんだけど、思い出したので忘れないうちに。
今回のムービング移動はけっこう基本、潤智・櫻葉の組み合わせで、ニノがどちらかにつく、って感じが多い印象。
で、その櫻葉組はとにっかく全力で飛び跳ねてたの。
翔くんが言うには、「相葉ちゃんがものすごく跳ぶから俺も気づくと巻きこまれてて・・・」。Myojoグラビアのアイドルジャンプみたいに身体をCの字みたいにして跳ぶ、あれ。楽しそうだったなぁ^^


★★MC前半★★
純粋なMCの内容は、別エントリで上げるとして。
今回ね、なんだかやけにMCまでの時間がすーごい長い気がしたの。コレがあったせいなのかな、と。
そう、コレ ↓ ↓

センターステでひとしきりおしゃべりしたあと、メインステに場所替えするんだけどね、
先頭切って花道を歩いてった智さんが、メインステに到着してもそのままスタスタと歩き続けて、そんで、そのままセットの後ろに引っ込んじゃったの!
え? え?? ひょっとして?? やんの? あるの!?? ってもう、気もそぞろで。
なので初日のメインステMCの記憶がほとんどないの私。動揺し過ぎ(苦笑)


しばしおしゃべりした後で、21日、雅紀のイヤモニに指示があったみたいで、もう少しお話しましょう的な流れになり、
「ナニかおもしろい話、ないですか?」
「・・・・」
「翔さんがあるんじゃないですかおもしろい話?」
「おまっ!ハードル上げんなや!」
会場がでっかくなっても、このゆる〜い雰囲気がね、好きよ^^


ユカイツーカイ怪物くん
そうこうしていると、奥から「うるさぁぁぁぁぁあい!!」の雄たけびが♪
きゃぁぁぁぁ――――王子ぃぃぃーーーー.+:。(≧∇≦)゜.+:。
ちゃんと、お耳もついてるの! たろーちゃんなの!
でも、早替えしないといけないから、いつものポロシャツ&セーターじゃなくて、今日は黄色いカッターシャツなの。裾出してるから、ちょっとひらひら。
そのまんま、怪物くん体操踊って、スクリーンにはジャケ写の怪物くんとお伴の水晶イラストがくるくる。歌い終わって、仁王立ち。
「ウタコとヒロシに会いに来たら、迷っちって、ココにきてしまったぜ」
「人間って、いっぱいいるんだな!」


【21日】
潤がそ〜っと下手影から顔を出す
「あの・・怪物くん、ですか?」「おれ、歌っちゃったけどだいじょぶか?」「最終回、僕に似た人が出てましたね」みたいな話をひとしきり。
“嵐のりーだー”を探しに引っ込む怪物王子。


【22日】
下手から潤、上手から櫻葉ニノが「あ、大仏くん・・・」って登場。
王子ね、話してる間中、ちょっと小首傾げてるの。
「首、傾いてますよ? なんでそんなさっきから首傾けてんですか?」ってニノにつっこまれて、それ言うなよみたいなカオでほほ笑んでごまかす王子。
耳がちょっと取れそうなんだよね? でも、あくまでも本物の耳だから取れそうなんて言えないんだよね? そんな役者魂にちょっと感激。
梅沢さんのBlog見ても特殊メイク班が国立に入ったふうでもないし、そもそもそんな時間かけて装着できないから、コンサートのスタッフさんが仮付けみたいに耳を付けるんだろな。


・・・というか。
やっぱり権利の関係でDVDになったらMCごと編集削除されちゃうのかなぁ、王子。
残したいなぁ・・・国立の綺麗なセットの中できらきら照明当てられて、かわいく床にのの字描く王子・。



★★MC後半★★
これも、別エントリーで。


リフレイン
ギフト
メインステに横並びで、段違いにせりあがりながら。
シンプルな白いシャツの衣装なんだけど、羽織った裾が夜風に翻ってとても素敵。
歌声が、広い会場いっぱいに広がって、空に響いていくのを見てた。
静かに、堂々と、歌っている智さんのよく透る声を体中で受け止めながら、なんかじわっときちゃって。
メインボーカルと言われながら、端っこに立ってることが多かったよね。たまにセンターで歌ってたら、い、いいんですか・・・なんてどきまぎしてたっけ。こんなに素敵なんだからいつか世間がほっとかなくなるよって、嘆いてる智友にいつも言ってきた。
こんなにも、大きくなって。頼もしくなって。なのに、ずっと変わらないままでいてくれて。 智さんを好きでいられて、本当に幸せだって。
マイガール

 
 続きは、また。













ARASHI 10-11 TOUR @国立 2010/8/21&22 覚書 その1


久しぶりのアルバムツアー・・・あぁ、嵐のコンサートだ…!って懐かしくて嬉しくて。
でも、5人の向こう側に見える風景がアリーナのころと全然違ってて。
遠くに小さく見える蛍光色の衣装でぴょこぴょこ跳ねてる人の周りで、泡立つみたいにさざめいてる客席を見てたら、やっぱり今年も、ね、ときおりグッときた。
そんな、わたしの見ていた風景の覚え書きをちょっとだけ。(といいながら、恐ろしく長い)

 
  *・゜゚・*:.。..。.:*・゜


国立・前半日程の2日間、感謝しながら参加してきました。
毎度のことながら、自分が楽しむこと最優先のメモなし記憶一発勝負なので、脳内映像がすごく断片的で^^ゞ
ということでセットリストに関しては、ちゃんとメモ取ってらっしゃるサイトさんとこでカンニングさせていただいて、散らばった記憶を拾っては糸に通していった感じの覚書です。
位置関係を時計の文字盤で表すと、メインステが12時の方向としたら21日は8時くらい、22日は2時くらいのスタンド席でした。
コンサートの様子は両日のマルチアングル的視点で(←単にごっちゃに書くだけ、とも言う)。
そして、毎度のことながら、激しく激しく智さん偏愛目線です、むしろ夢見すぎなくらい痛い自覚、アリです、ごめんなさい;;;


  *・゜゚・*:.。..。.:*・゜


開演前
今回のグッズのタオルを日よけに被ってる人がけっこう多くて、
スタンドか見渡すと会場中にドラえもんがいるみたい〜でもほんと、日差しが痛いほど(x_x;;)
21日、自分の入場ゲートに向かって進んでたら開演予定時間の少し前に、もーのすごい爆発音がしたの。あれ、なんだったんだろね?って言ってたんだけど、翌日に判明。
なんかの曲(あれ?なんだっけ?←^^ゞ)の特効が誤爆したみたい。初日にはなかった特効がメインステ脇で上がってたから、あ〜、きのうのコレだったんだね〜って友達と顔見合せたの。
定刻より5分くらい遅れて、ツアー初日の開演。


Opening
メインステ大スクリーンに片方の瞳のアップ!
あ!この瞳!智さんだぁぁ〜〜☆*° きゃぁぁぁ〜っ!
って叫んでるうちに、お顔のアップ→雲間を縫って飛んでいくような視線の映像。
そこから年齢順に翔くん、雅紀、にの、潤・・・と片目→顔→海や草原を飛んでいく視点映像。それが集まってARASHI島へ。
メインステのセットが左右に割れた奥には滝!すっごい水量・・・・下の方がかぱ〜っと上に向かって開き始めたら、5人の脚が!脚が見えるぅぅ!かかかかかっこいい―――っっ!


Movin' on
5人ともおっとこまえなの―――!
肩章とかついてる黒×金の形違いのJKで淡い水色のセットに映えてる。しかも大好物の片手黒手袋―――っっ☆*°
サトさんの眉間の皺がスクリーンに映るたびに腰砕けになる私^^ゞ
あのね、拳上げたときのね、智さんの腕と拳の角度がね、まっすぐで傾いてないあの形状が素敵v


揺らせ、今を
Troublemaker
「揺らせ」で左右に散らばって、最終的にセンターステ(円形)で「とらぶる」。
21日、メインステから上手に移動するときにサトさんが誰かとちょっとじゃれてて「山!?」と思ったらお相手は潤ちゃんだった。
今回はけっこう潤智で同じムービングに乗ってる率が高かったような・・・。


Happiness
Attack it!!
序盤から煽って来るくる!走り回る走り回る!嵐、楽しそう〜^^
「あたっく」途中で、定番ご挨拶・・・なんか、この定番フレーズに「ただいま!」って気分になっちゃう^^


Everything
薄暗闇になってきた会場で、スクリーンに一昨年・去年の国立コンの映像が映ったあと、
ゆっくりと今日のスタンド席をカメラが抜いていくの。
これ、22日もそうだったのかなぁ・・・?
わたし、この曲の2番の「雨上がりの窓から見える夕暮れの向日葵」っていう雅紀のパートが歌詞も声もすごく好きなの。きゅ、って切なくなるよね。
暮れていく都会のビル影がすごくきれいだった。


1992*4##111
てっぺんがまぁるいハットとかとてとて歩くサルエルパンツとか、とにかく赤×チャコール系のチェック衣装。
ダンスもゆらゆらゆる〜いカンジでコロボックルっぽいよね。
狙ってんだろ!カワイイって自分でわかっててやってんだろ!(笑)ってわかるけど、まんまと狙い通りに、ふふ、かぁわい・・・ってにこにこしちゃう^^ 
ちびっこJr,がわらわら出てきて、階段でハート型に整列、パッと後ろ向くとTシャツの背中が赤くて真っ赤なハートに・・・ハート型の小さめサイズの風船がぽわぽわぽわ〜んってお空に飛んでった。


ROCK YOU
うわぁぁ〜好き好き――っ.+:。(≧∇≦)゜.+:。って思いつつも、
あれ?タイトルなんだっけ?らぶしちゅじゃなくて、らぶしちゅと同じアルバムに入ってて…とまひろ.com。(←帰り道の千駄ヶ谷駅前でやっと思い出した)(ちなみにこの曲は、なぜか私の中では多部ちゃんのイメージ)
パステル系メンバーカラーを基調にしただぼっとカワイイ衣装。なんかね、蛍光ポスカで塗ったみたいな色なの。ちなみに蛍光ピンクぽいのは潤で、翔くんは蛍光オレンジぽい。
蛍光水色の智さんは、ムービングの上ですっごい楽しそうにファンサしててたり、両手バンザイで腰をフリフリしてたり。遠くでちっちゃく見えるこのバンザイ腰フリがねぇ、おもちゃみたいでかわいくてもう(〃∇〃)♪


きっと大丈夫
ハダシの未来
a Day in Our Life
たぶん、ハダシの後だったような気がするんだけど…。
21日、せりあがったバクステから段差のあるムービングに
移動するときにね、智さんってば、柵をひらりと横跳びで飛び越えたの! それがすごく何気なくひょいって感じで、なのに華麗で、おっとこまえだったの―――o(,,≧∀≦,,)ノ
22日、期待してガン見してたんだけど、至って普通にまたいで移動してた、残念!

Summer Splash!
アリーナのあちこちから“ぶしゅー!”ってクジラの潮吹きみたいな噴水がかーなりのイキオイで。
翔くんが、すーごい嬉しそうに「さまぁぁぁぁあ すぷらぁー――っっしゅ!」を連呼。


でもね、途中から智さんが行方不明に・・・?と思っていたら、センターステ周辺に赤×黒という爽やかな曲にはおよそ不釣り合いな衣装のお兄ちゃんJr,くんたちがバラバラと出てきて。
こ・・・これはもしや、やはり…Σ( ̄O ̄;) え? え!? もうクるの!?? もっと真っ暗になってからだと思ってたのに―っ(焦)
もう、そっから曲後半の記憶、ないの。


静かな夜に
円形のセンターステから静かに智さんがせりあがってくるにつれ、国立の空気の色が変わっていく気が、したの。
ひんやりとした静寂の中にたたずむ智さんは、真っ白なシャツに黒いジレ、銀鼠のパンツ。ストール・・・してたかな? 踊るたびにひらひらとジレの裾がたなびいて素敵だったなぁ。


顔を横に向けて目を伏せて、心臓のあたりで右手で観音様のように親指と人差し指で丸をつくる振りがあるのね、で、そのあと右側脇で人差し指で小さく空(くう)をかき混ぜるようにする、その一連の流れが、もう・・・・壮絶に綺麗で・・・!


途中、CDにはない、短いブレイクが入るのだけど、音も照明も時間さえもとまったかのようなその一瞬、世界中が呼吸を忘れたみたいな気がしたの。
フェイクの声が羽衣みたいにアリーナの上をたゆたう中で、歌声が、暮れかけた夜空に駆け上がっていくような。
夜空のてっぺんから、シャンパンゴールドの光の粉が砂時計の砂が落ちるみたいに、きらきらと細く、細く智さんに降り注いでるような。
演じてたなぁ・・・いつものはにかむみたいに笑う智さんはどこにもいなくて、見上げる瞳すらこの曲の世界観を完璧に演じてた。


22日は遠くの後姿と背後のモニターを見ていたのだけど、ジレの背中は左右の袖ぐりが丸く深めにカッティングされているから肩や肩甲骨の動きがきれいでね・・・。
前に「so-so-so」を演ったときにはJr,の衣装もモノトーンだったから溶け混んじゃってもったいなかったんだけど、今回の衣装は白いシャツが映えてステキ。(蛍光増白剤入りの洗剤で洗ったみたい・・・と色気のないコトも心のすみっこで考える主婦)


曲終わりがね「高音フェイクでとどめ刺してくれそうなのにそれもなく消えてしまう」ってCD感想のときに書いたのだけど、振付も、最後に背を向けてメインステに向かう花道に行きかけて、ふ、と振り向いて、でも静かに踵を返して去っていくのね・・・もう、あの「…ふ…」に追いすがりたいのに縋れなくて、すごい心乱れるの。


でも、ね。
花道を4〜5歩歩いたところでスッと直角に右折した智さん、姿勢よく1歩、2歩と進んで、花道下に隠れる階段に差し掛かった途端に魔法が解けたよね(笑)
いっきなり猫背のおっさんになって、ほいほいと階段降りて消えていかれました(爆笑)


むかえに行くよ
デザイン違いのオレンジの上下衣装。インナーはユーズド感のあるネイビーのTシャツで。
21日は潤だけ上のオレンジなし。22日は翔くんもつなぎの上半身を縛ってて(だと思う)VネックのネイビーTシャツ(左胸にラインストーンが「::::::」みたいについてる)。
智さんが着替え中なので前半のさとしソロは翔くんが代行(こんなことでもちょっとうれしい山すきー)。
バラけて歌った後、センターとメインステを繋ぐ花道に並ぶ。
曲にあわせてゆ〜らゆ〜らしながらモニター見てたら、いっきなりサトさんが沐浴後の赤ちゃんみたいにぽや〜んと映し出されてびっくり! い、いつのまに出てきたの!?
慌てて捜したら、いちばんセンターステ寄りにいたよ。ってことは、そのまま消えた位置でお着替えだったのかぁ・・・。
智さんね、このとき、左足の裾だけちょっとロールアップしてスニーカーが見えるようにしてるの。ラッパー翔ちゃんが捲るよりも控えめで脛とかは見えない程度のロールアップなんだけど、ちょっと新鮮♪
そして、暗闇だと髪の色と顔の色がほぼ同色なので、照明のあんまあたらないとこ歩いてたら、蛍光オレンジの服だけが歩いてるみたい^^ゞでも、モニターに映る笑顔はふわっと包み込むみたいなんだよな―(〃u〃)


season
イントロ流れた瞬間に、もう、うわぁぁぁ…って (T∀T)
去年、わたし、結局聴けないままだったの、しーずん。
やっと、聴けた。
正面スクリーンいっぱいに桜の花びらが舞って、ピンク色の照明が綺麗で、大サビの智さんの声が空に溶けていって・・・・泣いちゃった。
泣いたらねぇ、涙が尋っ常じゃないくらい塩辛くて、水分!足りてない!ひー!って自分でびっくりした。



とりあえず、ここらでいったんUP〜。





























1/1


Material:shape
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.